書籍紹介

  • キャリア開発ラダー導入の実際 お気に入り登録
  • 看護実践能力向上のための


    キャリア開発ラダー導入の実際


    指標・運用方法と施設導入のポイント
    日本赤十字社事業局看護部 編


    B5 176ページ(判型/ページ数)   2008年3月発行 978-4-8180-1336-0


    • 定価: 2,592 円(税込)

    • 冊数: 

    • カートに入れる

    育み育まれる継続教育システム実践のために

    本書は、日本赤十字社が全国92の赤十字病院に導入しているキャリア開発ラダーをもとに、看護師のキャリア開発の考え方およびそのしくみの基本要素としての実践能力の指標、同僚評価会等を用いた評価方法と教育システムを解説。看護実践能力の開発・向上を目指し、個々の看護師が自律的な仕事をしていくためのラダーの導入に向けた具体的な指南書となっています。
    全国赤十字病院への導入プロセスと各施設単位の導入プロセスについて詳しく説明し、キャリア支援の実際についても機能・規模別に導入病院の事例を紹介しています。キャリア開発ラダーの導入を検討・検証される方々に活用していただきたい一冊です。

目次

I. 看護師のキャリア開発

 1 人材育成としての看護師のキャリア開発
  1. キャリア開発の普及
  2. キャリア開発の概念 
  3. キャリアの概念
  4. キャリア開発プログラムのシステム化
  5. キャリア開発ラダーの作成

 2 日本赤十字社における人材育成
  1. 日本赤十字社の組織の理念・方針
  2. 赤十字病院における看護師継続教育の現状とキャリア開発構想およぴ導入に至った経緯


II. 赤十字医療施設のキャリア開発ラダーの概要

 1 赤十字の看護師のレベル別実践能力
  1. 実践能力の習得段階
  2. 看護実践の領域
  3. 行動指標

 2 指標に連動した評価
  1. 評価会の意義
  2. 評価者の構成

 3 看護実践能力を育成するレベル別教育計画
  1. 教育計画作成上の留意点
  2. 企画書の作成
  3. 看護研究について
  4. 赤十字に関するもの


III. キャリア開発ラダーの運用

 1 キャリア開発ラダー認定委員会

 2 申請をする前に
  1. レベルI申請のための前提条件
  2. 本ラダーを導入する以前の看護師への対応

 3 申請〜評価認定までの流れ
  1. 申請時期
  2. 申請レベルと同僚評価者の決定
  3. 評価会の日程と場所の確保
  4. 申請書類の準備
  5. 評価表の準備
  6. 評価会の実施
  7. 認定委員会への報告と申請書類および評価表の提出
  8. 評価結果の確認
  9. 施設長への報告
  10. 認定証の授与

 4 情報管理


IV. 全国92施設への導入プロセス

 1 本ラダー導入までの経緯

 2 本ラダー作成のための組織化
  1. プロジェクトチームの発足
  2. 評価方法・教育計画運用検討作業部会による運用マニュアルの作成

 3 規模や機能の異なる全国92施設への導入プロセス
  1. 主要な研修会の活用
  2. 地区ブロックごとの導入説明会の実施
  3. 管理者向けの運用マニュアルの作成
  4. 施行施設対象の研修会
  5. 各施設における導入ガイドの作成
  6. レベルⅣをめざす看護実践能力向上を目的としたスタッフナースの研修の実施


V. 施設単位の導入のポイント

 1 評価者トレーニングによるリーダーの育成
  1. 評価者トレーニングとは
  2. 評価者トレーニングに用いる教材

 2 評価者トレーニング1
  1. 演習プログラム

 3 評価者トレーニング2
  1. 演習プログラム
  2. 演習運営要項
  3. 行動目標
  4. 使用する事例
  5. 事例の読み取りに使用するワークシート

 4 評価者トレーニング3
  1. 演習プログラム
  2. 演習運営要項
  3. 行動目標

 5 情報の共有を図るための工夫
  1. Q&A方式での理解の促進
  2. 赤十字グループの知恵の活用

 6 教育・研修ができる人材の獲得
  1. 専門看護師・認定看護師を代表とする看護実践能力の高いモデルとなる看護師の育成
  2. 研修を企画運営する指導者の育成を併行すること

 7 自己のキャリアについて考える機会を提供する
  1. スタッフの自律性を育むこと
  2. キャリアについて考える機会を積極的につくる

 8 キャリアディベロツプメントを活用するための組織づくり
  1. 目標管理との連動

 9 スタッフの育成計画

 10 スタッフの履歴や学習記録をまとめることの重要性 

 11 看護単位で成功するポイント〜スタッフ全員で取り組む〜


VI. キャリア開発ラダーの施設導入事例

  1. 置戸赤十字病院―病床規模100床以下の取り組み―
  2. 徳島赤十字ひのみね総合療育センター―肢体不自由児施設・重症心身障害児施設の取り組み―
  3. 庄原赤十字病院―病床規模300床台の取り組み―
  4. 水戸赤十字病院―病床規模500床台の取り組み―
  5. 武蔵野赤十字病院―病床規模600床台の取り組み―
  6. 日本赤十字社医療センター―病床規模800床台の取り組み―


 資料編

  [様式1] キャリア開発ラダー認定申込書
  [様式2] 継続教育受講記録
  [様式3] 院内研究発表会及び学会一般参加記録
  [様式4] 業務改善・研究発表及び投稿記録
  [様式5] 各種委員会・教育活動等記録
  [様式6] 事例記入用紙
  [様式7] 赤十字医療施設のキャリア開発ラダー評価表
  [様式8] 赤十字医療施設のキャリア開発ラダー評価表・総括
  [様式9] レベル認定基準用紙
  ● 同僚評価者ハンドブック
  ● 事例のガイドライン


 [Q&A]

  研修の受講
  同僚評価者の選定
  卒後1年で備えるべき基礎看護技術について
  事例
  評価の基準
  同僚評価者が申請者より年下の場合
  同僚評価会のメリットなど
  認定されなかった者への支援
  試行施設説明会での主な質疑応答
  ラダー導入年度のスタート
  申請書類の記載

 一言メモ
  ベナー看護論とは?
  ファシリテーターとは?
  ナラティブとは?
  コーチングとは?
  目標管理とは?
  内発的動機づけとは?

書籍紹介
雑誌紹介
セミナー