雑誌紹介

  • コミュニティケア お気に入り登録
  • 2007年9月号 104号(Vol.9,No10)


    コミュニティケア



    A4変 80ページ(判型/ページ数)   2007年9月発行 978-4-8180-1281-3


    • 定価: 1,080 円(税込)

    • 品切れ
    • バックナンバー  年間購読受付中!

    特集1

    “地域の看護力”で災害に備える


     突然の災害に備えるため、また災害が発生したとき、訪問看護ステーションや介護保険施設など”地域”で高齢者を支える看護職は何ができるのでしょうか? 在宅・施設に暮らす高齢者の災害対策において地域の看護職に期待されることを、災害看護の実践者であるNPO阪神高齢者・障害者支援ネットワーク理事長・黒田裕子氏の実践から学びます。さらに対策をとっている訪問看護ステーションや介護保険施設の取り組み、「災害対策マニュアル」の実例、実際に災害に遭ったステーションからの報告など、防災月間の9月にぴったりの特集です。


    特集2

    住み慣れた地域での生活を支える

    小規模多機能型居宅介護の実践


     介護施設の“地域化”をめざし、小さな事業所で同じスタッフが1人ひとりの利用者に合わせた24時間365日の「通い・泊まり・訪問」サービスを提供する”小規模多機能型居宅介護”。制度創設から2年目を迎えた現状と課題を整理し、実際に働く看護職からその実践を報告していただきます。

目次

●特集
“地域の看護力”で災害に備える

〈総論〉
“地域”の中で考える災害看護
――いのちを”看護”が救うために/黒田裕子
〈災害に備えて1 紀南医師会訪問看護ステーションほほえみ〉
防災訓練などの取り組みを通して利用者・家族の意識を高める
/花尻潤子・長谷川さおり・立嶋はつよ・川口淳・河原宣子
〈災害に備えて2 高齢者ケアセンターながた〉
阪神・淡路大震災を教訓に「地震防災マニュアル」を作成
/山内賢治
〈災害時に求められる看護とは1 市立輪島病院地域医療連携室〉
訪問看護師が大切にしたい「日ごろの利用者情報」/中村悦子
〈災害時に求められる看護とは2 総合福祉センター サンラックおぢや〉
震災時こそ専門的なケアを着実に行うことが大切/阿部紀男


●第2特集
住み慣れた地域での生活を支える
小規模多機能型居宅介護の実践

〈総論〉
小規模多機能型居宅介護の概要と今後の展望/川尻良夫
〈実践報告1 小規模多機能ホーム「きなっせ」〉
人としての尊厳ある暮らしを支援する温かな家/古山優・田尻美紀
〈実践報告2 デイサービスセンター青葉台〉
地域に根差した認知症ケアの拠点/和田洋子
〈実践報告3 宅老所「みんなのあもり」〉
利用者との関係づくりを重視する「もう1つの家」/田中正廣


●シリーズ

ドクターリレーエッセー コミュニティに生きる/松本武敏
「感性」を大切にした看護師に

藤原泰子の”訪問看護・在宅ケアあれこれ”
大手事業所の不正請求に思うこと

日本訪問看護振興財団からのお知らせ
”横の交流”をめざす「訪問看護・在宅ケア研究交流集会」 ほか

全国訪問看護事業協会からのお知らせ
訪問看護ステーションの職員需給と実施サービスの現状 ほか


●コラム

ニュース手帳/編集部

日経編集委員発! 在宅ケア フロントライン/浅川澄一
改革が必要な介護従事者の賃金体系

Review City/池田省三
営利・非営利で区分できない「介護事業者の質」


●REPORT

『あなたの家にかえろう』を作成して
──「おかえりなさい」プロジェクトの取り組み
/櫻井隆 ほか

高齢者のための“心の栄養士”アクティビティ ディレクター/多田千尋・寺橋真由美

書籍紹介
雑誌紹介
セミナー