書籍紹介

  • ベッドサイドの看護倫理事例30 お気に入り登録
  • 『看護者の倫理綱領』で読み解く


    ベッドサイドの看護倫理事例30


    杉谷藤子・川合政恵 監修


    B5 152ページ(判型/ページ数)   2007年5月発行 978-4-8180-1272-1
    日本看護協会出版会「編集部のページ」でも関連情報を紹介しています!


    • 定価: 2,052 円(税込)

    • 冊数: 

    • カートに入れる

    2003年に公表された日本看護協会『看護者の倫理綱領』を、ベッドサイドのケアでどう活用したらよいか。本書では、看護師の実体験から導き出した30の倫理事例を、倫理綱領の6つの項目に沿って分類してあります。看護者が求められる倫理的ケアの実践に資するため、事例ごとに「倫理的視点からの問題点」を基に「対応のキーワード」を掲げ、「モデル行動」で具体的なケアへの提案を示しました。

目次

第一章看護倫理 ──それはケアの本質
1 人権を見据えた看護倫理の実現をめざして
2 倫理問題 ──気づきから行動へ
第二章臨床で倫理が求められる時 看護倫理モデル事例集
1 人間としての尊厳に関する事例とモデル行動
2 平等な看護の提供に関する事例とモデル事例
3 信頼関係に基づく看護の提供に関する事例とモデル行動
4 知る権利・自己決定に関する事例とモデル行動
5 個人情報保護・守秘義務に関する事例とモデル行動
6 抑制と安全に関する事例とモデル行動
第三章看護倫理をめぐる環境づくり
1 病院という現場にある倫理問題
2 医療現場における倫理教育

書籍紹介
雑誌紹介
セミナー