雑誌紹介

  • 家族看護 9 お気に入り登録

  • 家族看護 9


    野嶋佐由美・渡辺裕子 編集


    A4変 150ページ(判型/ページ数)   2007年2月発行 978-4-8180-1262-2
    ※休刊のお知らせ


    • 定価: 2,700 円(税込)

    • 冊数: 

    • カートに入れる
    • バックナンバー

    特集1

    特集:家族の力を支える看護


     看護は“問題”や”“機能不全”“不健康な側面”にとらわれる傾向があります。しかしながら看護は、その人、その家族の健康な側面をより強化し、新しい生き方を再構築していくことを支援することです。家族は、その家族なりの力を有しており、問題に遭遇すると、家族の力を発揮しながら解決しようとしています。看護者は、家族の本来の力を信じるとともに、現在直面している問題を通して、家族としての力を強固なものとすることを目指していかなくてはなりません。つまり、看護者には、家族のもつ潜在的な力を見極め、その力を引き出していくケアが求められているのです。
     本特集では、家族の力について、ケア力、マネジメント力、判断力、耐久力、強み、自信などの視点から検討していきます。また、アセスメントの視点やアプローチ方法について紹介し、その上で家族の力を支える看護のあり方について提示します。



目次

●今回の特集について


●家族の力を支える看護のあり方
●家族の力を支える看護の限界
●家族の力を支える社会のあり方


家族の力――家族マネジメント力

●家族のケア力を高める看護援助
●家族の強みを支援する看護
●家族の判断力を支える看護
●家族の耐久力を支える看護
●家族介護者の自己効力を支える看護
●当事者の自信を支える看護

●慢性疾患患者と家族の力を支える看護
●高齢者をもつ家族の力を支える看護
●疾患をもつ小児とその家族の力を支える看護
●精神障害者と生活をする家族の力を支える看護
●終末期における家族の力を支える看護
<関連論考>
Maternal Confidenceと家族サポートの関連


その他の記事:

[Practice-実践報告-]
●患者・家族の主体的な治療参画を促すための対応力トレーニング
――事例検討の進め方
 
[Contribution-投稿・寄稿-]
●山口県家族看護研究会の12年間の歩みと今後の方向性
●慢性疾患児家族宿泊施設「かもめのいえ」の利用状況とBMTハウスサポートの会の活動
●生命の危機的状態にある患者と家族への看護――ケアリングの視点からの分析
 
[Self-help Group&Volunteer]
●全国引きこもりKHJ親の会(家族会連合会)――引きこもりの現状と課題、社会への要望

[家族看護をめぐる手帖]
在宅ターミナルケアにおける本人・家族の捉え方と看護師のアセスメントの相違
 
[Book Review]

書籍紹介
雑誌紹介
セミナー