書籍紹介

  • 現代看護の探究者たち―人と思想― 増補第2版 お気に入り登録

  • 現代看護の探究者たち―人と思想― 増補第2版


    小林富美栄・樋口康子・小玉香津子 他 著


    A5 312ページ(判型/ページ数)   2009年10月発行 978-4-8180-1451-0


    • 定価: 2,376 円(税込)

    • 冊数: 

    • カートに入れる

    1981年の初版刊行以来、改訂を重ね読み継がれてきた本書の特異なところは、本書の中で紹介されている看護理論家に直接または間接に深い影響を受け、たいていの場合、それら理論家を日本に紹介するという役割を担った人々が、その評者となっていることです。この、人と人との強い結びつきが、本書の高いクオリティの源なのです。
    このたびの「増補第2版」には、ジーン・ワトソン、パトリシア・ベナーという現代を代表する看護探究者の紹介の章を新たに加えました。また何人かの探究者については従来の記述に「追記」を書き加えることで、内容のリニューアルを図りました。そしてここに15人の代表的なアメリカの看護探究者たちについての、一段と充実した「人と思想」の書が実現しました。
    あまたある"看護理論解説書"の原点が、ここにあります。

目次

増補第2版の序
増補版の序
初版の序
1.エスター・L・ブラウン
  ――これからの看護――
     小林富美栄
2.ヒルデガード・E・ペプロー
  ――治療的対人プロセスとしての看護――
   髙﨑絹子
3.エレノア・C・ランバーツェン
  ――チームナーシング――
  荒井蝶子
4.ドロシー・E・ジョンソン
  ――行動システムモデル――
   兼松百合子
5.ヴァージニア・ヘンダーソン
  ――時を超える看護論――
小玉香津子
6.フェイ・G・アブデラ
  ――患者中心の看護――
千野静香
7.アイダ・J・オーランド
  ――看護過程理論――
稲田八重子
8.アーネスティン・ウィーデンバック
  ――看護場面の再構成――
池田明子
9.マーサ・E・ロジャーズ
  ――人間のもつ全体性――
樋口康子
10.ジョイス・トラベルビー
  ――人間対人間の看護――
藤枝知子
11.ドロセア・E・オレム
  ――セルフケア不足看護理論――
小野寺杜紀
12.アイモジン・M・キング
  ――目標達成理論の検証と普及――
舟島なをみ
13.シスター・カリスタ・ロイ
  ――ロイ適応看護モデル――
松木光子
14.ジーン・ワトソン
  ――21世紀の看護論――
川野雅資
15.パトリシア・ベナー
  ――ナラティブの探究者――
井上智子
  評者紹介

書籍紹介
雑誌紹介
セミナー