書籍紹介

  • 保健師助産師看護師法60年史 お気に入り登録

  • 保健師助産師看護師法60年史


    看護行政のあゆみと看護の発展
    保助看法60年史編纂委員会 編


    B5 424ページ(判型/ページ数)   2009年11月発行 978-4-8180-1449-7


    • 定価: 4,104 円(税込)

    • 冊数: 

    • カートに入れる

    この一冊で、GHQから平成20年代まで、〈保助看法〉のあゆみがわかる!!

    私たち看護職の身近で大切な法律<保助看法>は、制定されてから2008年で還暦を迎えました。これを記念して「保助看法60年史編纂委員会」を設置し、戦後GHQから今の平成20年代まで60年間の保助看法のあゆんで来た道筋とその歴史を概観。この一冊で、保助看法の誕生から今現在までの足跡が分かります。
    内容は、保助看法について、座談会「歴代厚労省看護課長による座談会」「各職能・職域から見た保助看法について」。法改正経緯や看護行政の足跡について、そして看護行政を取り巻く看護トピックス15篇、最後に都道府県の看護行政のあゆみ、資料編として、保助看法・人確法、保助看学校養成所指定規則、索引を掲載しました。

目次

『保健師助産師看護師法 60年史-----看護行政のあゆみと看護の発展』 
    まえがき
総論
第1部 保助看法60年を振り返る  
座談会 保助看法60年を振り返る---歴代厚生労働省看護課長による座談会  
清水嘉与子/矢野正子/久常節子/田村やよひ/野村陽子(司会)
座談会   各職能からみた保助看法の歴史                     
永井敏枝/大坂多恵子/杉谷藤子/季羽倭文子/松本八重子/高橋美智(司会)
第2部 保助看法の改正経緯 
保助看法改正の内容
第3部 厚生労働省等の看護行政の足跡
厚生労働省医政局看護課
1 看護行政を担ってきた人々
2 保助看法の適切な運用
3 看護職員確保対策
4 労働条件に関する行政
5 訪問看護
6 看護関係予算と事業
第4部   看護行政上のトピックス
1 保健師60年の歩み
2 助産師60年の歩み
3 看護の革新を目指した歩み
  1病院看護管理体制づくり
  2労働・業務改善の取り組み
4 看護職の活動の場の拡大
  1訪問看護
  2産業看護
  3学校保健その他
5 診療報酬の中での看護
6 看護職の確保対策----看護師等の人材確保法を巡って
7 准看護師制度をめぐる取り組み
8 高卒1年准看護師制度の廃案後、本格化した看護師確保対策
9 国家試験の変遷
10 進む大学教育化と教員養成
11 国会の中での看護
12 看護課「誕生」「廃止」そして「復活」の流れと草創期の衛生行政を巡る話題
第5部 都道府県の看護行政のあゆみ
都道府県における看護行政組織の発展経過
都道府県の看護行政のあゆみ
北海道
宮城県
東京都
山梨県
静岡県
奈良県
香川県
愛媛県
福岡県
沖縄県
資料
保健師助産師看護師法
看護師等の人材確保の促進に関する法律
保健師助産師看護師学校養成所指定規則
 看護行政発達史 略年表
 索引

書籍紹介
雑誌紹介
セミナー