雑誌紹介

  • コミュニティケア 2010年6月臨時増刊号 お気に入り登録
  • 143号(Vol.12,No.7)


    コミュニティケア 2010年6月臨時増刊号



    A4変 132ページ(判型/ページ数)   2010年6月発行 978-4-8180-1485-5


    • 定価: 1,620 円(税込)

    • 品切れ
    • バックナンバー  年間購読受付中!

    特集1

    家族を支え続けたい!

    ナースが寄り添うグリーフケア


     グリーフケアは遺族だけでなく、看護師自身も家族からの言葉で“看護”ケアを振り返る効果があります。在宅・施設で今後、確実に増える看取りをよりよいものにするためにも、看護師は“家族へのグリーフケア”を積み重ね、しっかり学びたいもの。本書では、日本グリーフケア協会会長の宮林幸江氏が、看護師に求められるグリーフケアを理解するための概念・歴史・実践を詳細に解説します。



目次

特別対談 死について。
最期の瞬間を支えるキーパーソンを探そう!

日野原重明聖路加国際病院理事長
立花 隆 評論家・ジャーナリスト

1章 悲嘆とは何か
1-1 悲嘆の基礎知識
1-2 悲嘆の社会問題
1-3 グリーフケアに当たって
1-4 悲嘆研究の歴史的背景

2章 日本人の悲嘆
2-1 日本人の4つの悲嘆
2-2 複雑な悲嘆について
2-3 予期による悲しみ
2-4 死別前と死別後と「心の危機に向き合う」 ~巡るスピリチュアルペイン~
2-5 家族と悲嘆

3章 グリーフケア・カウンセリング&ワークショップの実践
3-1 グリーフケアの形
3-2 GWSの実践

4章 遺族と看護師からの相談 Q&A
4-1 遺族からの相談に関する留意事項
4-2 遺族からの相談
4-3 看護師からの相談

書籍紹介
雑誌紹介
セミナー