雑誌紹介

  • コミュニティケア 2010年9月号 立ち読みする お気に入り登録
  • 146号(Vol.12,No.10)


    コミュニティケア 2010年9月号



    A4変 80ページ(判型/ページ数)   2010年9月発行 978-4-8180-1488-6


    • 定価: 1,188 円(税込)

    • 品切れ
    • バックナンバー  年間購読受付中!

    特集1

    病院・診療所からの訪問看護

    ――退院患者の継続療養を支える


     訪問看護は医療保険と介護保険、両方から報酬を得られる特殊なサービスです。その主なサービス提供事業所として「訪問看護ステーション」があり、日本看護協会・日本訪問看護振興財団・全国訪問看護事業協会などの職能団体がバックアップしています。
     しかし、病院や診療所などの“医療機関”からも、退院あるいは難病等で在宅療養している患者の自宅を看護師が訪問しています。特に介護保険においては、同じケアをしても医療機関からの訪問看護はステーションと比べて「報酬単価が低い」という患者にとって非常にわかりにくい状況があります。
     それでは、訪問看護ステーションと医療機関からの訪問看護は、どこが違うのでしょうか? 医療機関からの訪問看護だからこそできる強みはあるのでしょうか? その反対に、何かデメリットはあるのでしょうか?
     第1特集では、2007年に病院訪問看護科から病院併設の訪問看護ステーションに移行した聖路加国際病院訪問看護ステーション所長の押川眞喜子さんに、その経緯、それぞれのメリット・デメリットなどをうかがい、次に、病院・診療所からの訪問看護の実際を4事例紹介します。そして、最後に日本訪問看護振興財団常務理事の佐藤美穂子さんにメッセージをいただきます。
     大切なのは、地域のステーション・医療機関すべての訪問看護師のネットワークづくりではないでしょうか? 本特集がお互いの特徴を理解するために役立ってくれればと思います。


    特集2

    在宅輸液管理を学ぶ

    ――長野県看護協会の取り組み


     2008年度に、長野県看護協会と長野県訪問看護ステーション連絡協議会が共催した「訪問看護研修ステップ2~在宅輸液管理」では、訪問看護認定看護師など、県内のリーダー的存在の4人の訪問看護師が企画・運営を担当し、従来の研修会とは一味変わったスタイルで行われました。
     例えば、事前に県内の訪問看護ステーション管理者・従事者にアンケート調査を行って在宅輸液管理の実態を把握したり、“マニュアルの作成”を受講生への課題とするなど、訪問看護実践にすぐに役立つように内容が工夫されています。
     本特集では、企画・運営担当者からの研修会の概要とアンケート調査結果についての2つの「報告」、研修の企画意図などを明らかにした「グループインタビュー」をとおして、研修会で訪問看護師が得た“学び”について考えます。

目次

●特集
病院・診療所からの訪問看護
──退院患者の継続療養を支える

〈インタビュー〉
病院・診療所の訪問看護師はもっと“外”に出てみよう! 押川眞喜子
〈事例1 千葉県立佐原病院〉
退院患者が安心できる在宅移行と継続療養を支えるために 阿蒜ひろ子
〈事例2 公益財団法人結核予防会 複十字病院〉
病院がバックにあるメリットを最大限に生かした訪問看護 山川裕見子
〈事例3 拓海会神経内科クリニック〉
看護師自身の自覚でステーションではできない訪問看護ができる 編集部
〈事例4 医療法人小さな診療所〉
安心して在宅療養が継続できるよう明確な治療方針に沿った訪問看護を提供 川津有紀
〈メッセージ〉
病院・診療所の訪問看護師に期待する 佐藤美穂子

●第2特集
在宅輸液管理を学ぶ
――長野県看護協会の取り組み

〈報告1〉
在宅輸液管理を学ぶ研修会を開催して 中村妙子
〈報告2〉
在宅における輸液管理の現状――訪問看護師への調査から 上原晴美・伊藤みほ子・仲俣純子・中村妙子
〈グループインタビュー〉
在宅輸液管理に必要なすべてを学ぶ研修会 編集部
〈Column〉研修に参加し、学びを現場に生かすことの
大切さを実感 秋山厚美

●SERIES
地域看護専門看護師リレー・エッセー コミュニティで輝く 岡野明美
どんな状態であっても、望む限り暮らし続けられる地域をめざして

私たち、訪問看護認定看護師です!
病院と地域の架け橋となって地域の連携に深くかかわりたい 津禰鹿篤子
認定看護師の役割を通して訪問看護の楽しさを伝えたい 齋藤 雅子

特別養護老人ホームでの“看護”の実践 依田史枝
特別養護老人ホーム「こもれび」
──入所したその日から始まる“看取りケア”に多職種で取り組む

看護の原点に戻り“看護の力”を発揮する めざせ! 開業ナース
居宅介護支援事業所を開業して 袴田洋子

訪問の 合間に一句 詠んでみる 訪問看護“泣き笑い”川柳 上戸照美

コミュニティケア探訪 村上紀美子
研究成果を実用的な手法やスキルに生かす! バッドニュースの伝え方と看取りケアパス
英国ロンドンの地域ケアリーダーたち 62

日本訪問看護振興財団からのお知らせ
「訪問看護サミット2010~どうなる、どうする訪問看護~」のご案内 ほか

全国訪問看護事業協会からのお知らせ
2010年訪問看護ステーション数調査結果のお知らせ ほか

●COLUMN
ニュース手帳 編集部

Review City 池田省三
施設建設より優先されるべき在宅サービスの充実

高齢者ケアの風景 甘利てる代
若年性認知症の人と仕事

押川眞喜子の“メッセージ from St.Luke”
男性看護師奮闘記

●REPORT
色の力を看護・介護に生かす
──現場で使える色の知識を身につける“色彩福祉(R)検定” 神保康子

書籍紹介
雑誌紹介
セミナー