書籍紹介

  • ここまでできる 高齢者の転倒予防 立ち読みする お気に入り登録

  • ここまでできる 高齢者の転倒予防


    これだけは知っておきたい基礎知識と実践プログラム
    武藤芳照 総監修


    B5 192ページ(判型/ページ数)   2010年10月発行 978-4-8180-1542-5
    日本看護協会出版会「編集部のページ」でも関連情報を紹介しています!


    • 定価: 3,024 円(税込)

    • 冊数: 

    • カートに入れる

    この一冊で、転倒は防げる!

    転倒予防の基礎知識とリスク評価、転倒を防ぐための運動プログラムに加え、実際に転倒予防事業に取り組んでいる医療施設・自治体・企業等の実践事例や、転倒予防に役立つ様々なグッズを多数掲載しました。2006年の発売以来、高齢者医療/介護の現場で活用されてきた『転倒予防の知識と実践プログラム』の内容を大幅にリニューアルし、新たな本として生まれ変わりました!

目次

第1章 転倒予防の基礎知識
1 転倒予防の目指すもの
2 高齢者の転倒の結果とその予後
3 地域保健事業としての転倒予防
4 高齢者の精神・心理特性
5 認知症のある高齢者への転倒予防対策
6 転倒恐怖による閉じこもりを防ぐために
7 高齢者の薬物使用と転倒予防
8 入院患者の転倒と予防対策
9 転倒・転落事故判例から学ぶ 施設で暮らす高齢者の転倒リスクと予防対策
10 転倒予防のための住環境整備
11 すぐに使える 転倒予防文献検索法

第2章 転倒予防のリスク評価と効果的な運動プログラム
1 転倒のリスク評価
転倒のリスク評価とは/移動能力評価法/「健脚度」ソフト
2 家庭内で継続できる基本運動プログラム
3 転倒予防に効果的な運動あそび
"太極拳"を応用した転倒予防体操/"スポンジテニス"を応用した転倒予防運動/転倒予防効果の高い"リズム運動"の応用/Trail Walking Exerciseの転倒予防効果/水中での運動プログラム
4 高齢者ケアとエンターテインメント

第3章 転倒予防事業の実践事例
1 [東京厚生年金病院]元祖「転倒予防教室」の概要
2 高齢者福祉施設における転倒予防のための実践プログラム
3 [ブルーシー・アンド・グリーンランド財団]転倒・寝たきり予防プログラム
4 [北のくらしと地域ケア研究所]冬季積雪路面での転倒防止に向けた取り組み
5 [北整形外科]転倒および虚弱高齢者に対する診療所の取り組み
6 [岡山市古都学区+老人保健施設 古都の森]産・民・学の連携による転倒予防教室への取り組み
7 [小室整形外科医院+関西医科大学附属枚方病院]新しい転倒アセスメントスコア「みまもりスコア」の
開発と検証
8 [多摩区みんなの公園体操運営委員会]「多摩区みんなの公園体操」を地域に根づかせるために
9 [三田市]教室終了後の運動継続を目指した 転倒予防教室の取り組み
10 [マツダ株式会社]職域における転倒予防活動―高年齢労働者の安全を守るために
Pick Up:転倒予防事業での転倒事故を防ぐ

第4章 転倒を防ぐ! お役立ちグッズ
1 転倒予防に貢献できるパンツおむつ
2 ヒッププロテクター
3 離床センサー
4 "杖"の特徴を知り、長く、正しく使う
5 転倒予防カルタ

この書籍を購入した方はこちらも購入しています

    • 生活環境整備のための“福祉用具”の使い方

    • 生活環境整備のための“福祉用具”の使い方



      窪田 静 総監修  栄 健一郎 指導
      978-4-8180-1511-1
      2010年4月発行  定価 2,592 円(税込)


      在庫:僅少
      福祉用具を、介護者の健康を守り、利用者の活動性を高めることを基本に編集。本書とDVDでベッド・車いす・リフトでの介護者と利用者の“体の動き”を30分で完全に理解

    • 認知症の人の地域包括ケア

    • 認知症の人の地域包括ケア



      永田久美子 監修
      978-4-8180-1201-1
      2006年3月発行  定価 1,944 円(税込)


      在庫:品切
      認知症になっても最期までその人らしく。そんな願いを現実のものとするために生まれたケアシステムの概念から実践例までを掲載。これからの認知症ケアの決定版です。

    • 急性期病院で治療を受ける認知症高齢者のケア

    • 急性期病院で治療を受ける認知症高齢者のケア



      鈴木みずえ 編集
      978-4-8180-1793-1
      2013年12月発行  定価 2,808 円(税込)


      在庫:有り
      認知症の人に関心をもち、ニーズは何かを考える患者-看護師を超えた人間関係が、認知症看護の基盤です。急性期病院で認知症高齢者への対応に戸惑っている方、必見です!

<<戻る

書籍紹介
雑誌紹介
セミナー