書籍紹介

  • 高齢者の生活機能再獲得のためのケアプロトコール お気に入り登録

  • 高齢者の生活機能再獲得のためのケアプロトコール


    連携と協働のために
    中島紀惠子・石垣和子 監修  酒井郁子・北川公子・佐藤和佳子・伴真由美 編


    A4 200ページ(判型/ページ数)   2010年11月発行 978-4-8180-1552-4


    • 定価: 3,024 円(税込)

    • 冊数: 

    • カートに入れる

    多職種の総合力で高齢者のQOL向上を目指す!

    治療の必要性から一時的に施される胃ろうや膀胱留置カテーテル等の医療処置については、計画的なケアを十分に提供すれば、高齢者であっても離脱できるにも関わらず、そのまま退院に至る例が多く見られます。本書では、高齢者が口から食べる、自然に排尿・排便ができる、夜間熟睡できるといった生理的機能と生活リズムを可能な限り取り戻し、その人らしく生きることを、医療職・介護職・リハビリテーション関係職種等の多職種が連携して支援するためのケアプロトコールを示し、詳説しています。

目次

第1章 高齢者が生活機能を再獲得することを支援するために
第2章 生活機能再獲得のためのケアの標準化
第3章 高齢者が生活リズムを整えるためのケア
第4章  口から食べることを目指すケア:経管栄養から経口へ
第5章 自然な排尿を取り戻すためのケア
第6章 快便を目指すケア

書籍紹介
雑誌紹介
セミナー