雑誌紹介

  • コミュニティケア 2011年4月号 立ち読みする お気に入り登録
  • 154号(Vol.13,No.4)


    コミュニティケア 2011年4月号



    A4変 80ページ(判型/ページ数)   2011年4月発行 978-4-8180-1583-8


    • 定価: 1,188 円(税込)

    • 品切れ
    • バックナンバー  年間購読受付中!

    特集1

    リンパ浮腫のケア

    ――慢性期から終末期まで在宅での対応


     リンパ浮腫は、リンパ節郭清を伴う手術など、がんの治療後に発症することが多い後遺症です。2008年4月の診療報酬改定で「リンパ浮腫指導管理料」が新設され、医療機関での「リンパ浮腫に関する指導」(入院中1回)が評価されたこともあり、近年、そのケアに大きな関心が寄せられています。
     現在、リンパ浮腫の治療やケアは、医療機関の外来での対応が主となっています。しかし、ケアが必要な重症な患者は、大きく腫れた患肢により歩行困難を来していることも多く、通院が難しいケースがあります。また、保険適応でないため、通院治療にかかる費用も患者に重くのしかかります。
     しかし、訪問看護師が在宅でリンパ浮腫のケアを行えば、上記の問題は解決できます。その上、利用者の生活に合わせたケアを提供することで、効果的に浮腫の改善をはかることが可能です。
     本特集では、リンパ浮腫の病態生理、リンパドレナージや圧迫療法についての専門医からの「解説1」、先駆的にリンパ浮腫のケアを行ってきた訪問看護師がケアの実際を語る「解説2」と「Q&A」、2カ所の訪問看護ステーションの「事例」から、訪問看護師だからできるリンパ浮腫のケアの方法を実践的に解説します。


    特集2

    ここまでできる! 高齢者の転倒予防


     転倒の“予防”の大切さが、社会的にも広く知られるようになってきました。転倒予防には多職種でかかわる必要があり、特に看護職には正しい知識を持って多職種をつなぐ役割が求められています。
     本誌では“転倒予防医学研究会”の全面協力を得て2005年5月臨時増刊号「必ずできる! 高齢者の転倒予防」をお届けしました。
     そして、2010年には、その臨時増刊号をベースに新たな知識・情報を充実させ、『ここまでできる 高齢者の転倒予防』として書籍化されました(62ページ参照)。
     本特集では、書籍の総監修者で転倒予防医学研究会の世話人代表・武藤芳照氏に転倒予防の新たな話題や看護職への期待を述べていただき、さらに同研究会の小松泰喜氏と鈴木みずえ氏から、在宅や施設で看護職が身につけたい知識を紹介していただきます。

目次

●特集
リンパ浮腫のケア
──慢性期から終末期まで在宅での対応

〈解説1〉
リンパ浮腫の基礎知識 小川佳宏

〈解説2〉
在宅だからこそできるリンパ浮腫のケア 藤城潤子

〈解説3〉
こんなときどうする? リンパ浮腫のケア Q&A 藤城潤子

〈Column〉
在宅だからできる利用者の生活に合わせたケア 編集部

〈事例1〉訪問看護ステーションはな(福岡市西区)
緩やかなマッサージで行うリンパ浮腫のケア 熊谷しのぶ

〈事例2〉訪問看護ふれあい(茨城県つくば市)
セルフケアの難しい高齢者のリンパ浮腫ケア 伊東香


●第2特集
ここまでできる! 高齢者の転倒予防

〈インタビュー〉
“転倒予防”は人の知恵を集め、心を結ぶキーワード 武藤芳照

〈Column〉転倒予防医学研究会について

〈解説1〉
在宅での転倒予防、ここがポイント 小松泰喜

〈解説2〉
施設での転倒予防、ここに注意する 鈴木みずえ

book review
『ここまでできる 高齢者の転倒予防 これだけは知っておきたい基礎知識と実践プログラム』


●SERIES
訪問の 合間に一句 詠んでみる 訪問看護“泣き笑い”川柳 玉井真由美

地域看護専門看護師リレー・エッセー コミュニティで輝く 宮田乃有
「出会う」「知り合う」「成長し合う」個性を生かしたチームづくりを

私たち、訪問看護認定看護師です!
訪問看護師が病院看護師に積極的にアプローチしていきたい 船場洋子
訪問看護認定看護師になって広がる在宅療養生活支援と退院支援 生野秀子

看護の原点に戻り“看護の力”を発揮する めざせ! 開業ナース
座談会 メッセンジャーナースが拓く可能性 倉戸みどり・根本美貴・村松静子・吉田和子

新連載 支えられて~訪問看護師がALS療養者になって
NPPV器機はお助けマシーン 牛久保結紀

日本訪問看護振興財団からのお知らせ
2011年度の財団事業「訪問看護・在宅ケア研修」のご案内 ほか

全国訪問看護事業協会からのお知らせ
2011年度の当協会事業のご案内 ほか


●COLUMN
ニュース手帳 編集部

Review City 池田省三
ケアマネジメントの危機

高齢者ケアの風景 甘利てる代
「お泊まりデイ」制度化が投げかけた問題

押川眞喜子の“メッセージ from St.Luke” 押川
眞喜子
恩師のセデーションと家族の揺れる思い


●REPORT
花の持つ力をケアに生かす──フラワーセラピーの実際 編集部

PEOPLE
成熟社会を創っていくのは“看護力”であることを伝えたい──「やりがい、いきがい。たかがい!」をキーワードにナースをつなぐ たかがい恵美子さん 編集部

書籍紹介
雑誌紹介
セミナー