雑誌紹介

  • コミュニティケア 2011年10月号 立ち読みする お気に入り登録
  • 161号(Vol.13,No.11)


    コミュニティケア 2011年10月号



    A4変 80ページ(判型/ページ数)   2011年10月発行 978-4-8180-1590-6
    編集部のページ


    • 定価: 1,188 円(税込)

    • 品切れ
    • バックナンバー  年間購読受付中!

    特集1

    “生活の場”での感染対策

    ――聖路加国際病院訪問看護ステーションの実践


     現在、感染対策のエビデンスとされている「スタンダード・プリコーション」(標準予防策)は、アメリカの疾病予防管理センター(CDC)から示された基本的な原則です。しかし、この原則は急性期病院を主な対象としているために、衛生材料に限りがあるなどの理由で在宅で徹底することは難しく、“生活の場”に即した感染対策の方法が求められます。
     本誌では、聖路加国際病院訪問看護ステーション所長の押川眞喜子さんの企画で2005年4月号から2006年7月号にかけて、連載「これだけは知っておきたい! 在宅での感染管理」を16回にわたってお届けしました。エビデンスに基づいた感染管理の考え方を解説した本連載は、その後、加筆の上、書籍化され、在宅の現場で活用されています(33ページ参照)。ただし、基礎的な知識を網羅する必要があったため、書籍では“原則”を緩くすることはできず、編著者の押川さん自身、「この本をもとに“在宅ならではの視点”をみんなに知らせたい」という気持ちがありました。
     そこで第1特集では、「インタビュー」で、押川さんに「在宅ならではの感染対策の視点」と書籍の活用法を述べていただき、「事例」で、聖路加国際病院訪問看護ステーションのスタッフの方々に、在宅でのさまざまなケースから“ここまでは押さえておきたい”感染対策のポイントを報告していただきます。


    特集2

    訪問看護師のための

    “5ステージ”による在宅看取りマニュアル


     本誌で2006年9月号から2009年3月号まで連載された「藤原泰子の“訪問看護・在宅ケアあれこれ”」は、経験豊富な筆者・藤原泰子さんの日々の訪問看護のシーンがつづられ、ときには、制度への辛口の批評がズバリと語られる人気のエッセーでした。
     連載終了とともに、藤原さんは故郷である岡山で教育者となり、自らも「訪問看護における看取り」をテーマに博士論文の執筆に集中する日々を過ごしました。
     その博士論文を作成している中で、「在宅での看取りを“5つのステージ”に分けて考えると理解しやすいのではないか」と考えた藤原さんは、在宅での看取りマニュアル試案をつくりました。
     第2特集では、そのマニュアル試案を転載します。「経験の少ない訪問看護師さんが在宅看取りにかかわるときに、このマニュアルを役立ててほしい」と語る藤原さん。さらによいものにするために、読者の皆さんからの意見を待っています。

目次

●特集
“生活の場”での感染対策
──聖路加国際病院訪問看護ステーションの実践

〈インタビュー〉
“生活の場”で行う感染対策で最も大切なこと 押川眞喜子

〈事例〉
どうしていますか?訪問時の感染対策 清田奈那・桑原千加子・島田咲代子・佐々木佳子・勝見智美・寺崎譲・中村明美

〈book review〉
『これだけは知っておきたい!在宅での感染対策
訪問看護のための基本と実践』


●第2特集
訪問看護師のための“5ステージ”による
在宅看取りマニュアル

〈マニュアル試案〉
活用してほしい!“5ステージ”による在宅看取りマニュアル 藤原泰子

〈column〉
ご本人・家族の“思い”に寄り添った上で活用すれば、
さらに役立つマニュアル 橋本香代子


●SERIES
特別養護老人ホームでの“看護”の実践 梶原さつき
介護老人福祉施設「トリアス」(山梨県甲府市)
――特養看護職が意識したい介護職の“縁の下の力持ち”としてのやりがい

地域看護専門看護師リレー・エッセーコミュニティで輝く 扶蘓由起
先見の目をもって現状を分析
――「0」から「1」に、何かを創り出せる看護師をめざして

看護の原点に戻り“看護の力”を発揮するめざせ!開業ナース 高丸慶
保険外の訪問看護・介護サービスを提供する事業所を開業して
――世界に誇れる介護システムへの果てしない挑戦

角田直枝の病院と地域を“看護”がつなぐ 角田直枝
患者さんはどんなところに住んでるの?

支えられて~訪問看護師がALS療養者になって 牛久保結紀
訪問介護事業所の開設に向けて“ドタバタ劇”

訪問の合間に一句詠んでみる訪問看護“泣き笑い”川柳 本間時枝

日野原重明の“一緒に学ぶケアカンファレンス”
本人・介護者に受け入れられないまま本人の死で終了した事例を報告する

日本訪問看護振興財団からのお知らせ
「訪問看護サミット2011~見せよう訪問看護の力~」のご案内ほか

全国訪問看護事業協会からのお知らせ
「管理者養成研修フォローアップ研修会」で学びの成果を報告ほか


●COLUMN
ニュース手帳 編集部

ReviewCity 池田省三
大改革を迫られるケアマネジャー制度

高齢者ケアの風景 甘利てる代
「ケアラー(家族など無償の介護者)」への支援が必要だ

押川眞喜子の“メッセージfromSt.Luke” 押川眞喜子
障害を持った子どもを支える家族たち


●REPORT
「キャリア形成促進助成金」で研修を受けよう 小鉢透

書籍紹介
雑誌紹介
セミナー