書籍紹介

  • 臨床倫理のことば 48 お気に入り登録
  • 医療職のための


    臨床倫理のことば 48


    浅井篤 著


    A5 208ページ(判型/ページ数)   2011年12月発行 978-4-8180-1619-4


    • 定価: 1,944 円(税込)

    • 冊数: 

    • カートに入れる

    本邦初! 臨床倫理の諸問題を、名言、格言、ことわざで「ざっくり」と語ります。

    日々の医療現場で起こる倫理的問題に迷ったりしませんか? 納得いかなかったりしませんか?本書は、例えば「同意書書いたからって同意したわけじゃありません」という医療ドラマの台詞から「インフォームド・コンセント」について考えます。
    現代の小説、漫画、有名人のことば、歴史上の人物の発言から哲学者の名言まで、さまざまな出典から48のことばを選びました。 
    本書に収められたことばから、臨床倫理の諸問題をざっくり解説し、あなたの置かれた問題を解決する助けになります!

目次

1章 外国人のことば  
01 臨床倫理とは、患者ケアにかかわる人々の日々の道徳的意思決定である
02 人間性を、いつでもまたいかなる場合にも同時に目的として使用し、決して単なる手段として使用してはならない   
03 私の人生は私のメッセージである   
04 医者を本当に信頼することができないのに、しかも医者なしではやっていけないところに人間の大きな悩みがあります   
05 目的は手段を正当化しない  
06 医学、法学、ビジネス、工学・・・これらはすばらしい仕事であり人の生を維持するのに必要です。しかし、詩、美、物語、愛・・・私たちはそのために生きているのです
映画『いまを生きる』   
07 なぜ今頃になって目覚めなくてはいけないのか   
08 死は限界状況である  
09 己れの欲せざる所を人に施すことなかれ
10 すべての立場に一理ある
11 文明社会の成員に対し、彼の意志に反して、正当に権力を行使しうる唯一の目的は、他者に対する危害の防止である
12 われわれは、生物学的にも、社会的にも、相互に結びついている。自分一人で完結している人はいない
13 その身正しければ、令せずして行われ、その身正しからざれば、令すと雖も従わず
14 たいていの人間は多かれ少なかれ秘密を抱えているもので、見かけとおりの人生を送っている者などひとりもいない
15 我々が「インフォームド・コンセント」ということばを使うときはいつでも、インフォームド・リヒューザル(拒否)の可能性を含めている
16 癌と闘っている家族なら知っているように、世話をする人は二の次になりがちだ 17 幸福が善ならば、その最大の分量すなわち最大多数の最大幸福が何よりも選ばれるべき目的、道徳的善である
18 自由を拒否して悲劇を防ぐのは医療の責任ではない。なぜなら、そのようなことはより大きな悲劇だからだ
19 人間は自由なものとして生まれた。しかるにいたるところで鎖でつながれている 20 誰もが自分が慣れ親しんでいないことを野蛮と呼ぶ
21 理想主義のない現実主義は無意味である。現実主義のない理想主義は無血液である22 母親の定義は科学技術の進歩で変わり得る

2章 日本人のことば
23 それでも私は 人をなおすんだっ。自分が生きるために!!
24 孤立しているのはつらいから、つい徒党や政治に走る。孤立してるのが大事なんだよ
25 現代医学は、生殖とセックスの完全分離に成功したんです
26 人間は生き、人間は堕ちる。そのこと以外の中に人間を救う便利な近道はない
27 人はみんな、話したいことをもっている。その人が話したいことをその人が話そうとしているときは、じっと聞いたらいい
28 日本人はいつから自分やその身内だけは死なないという共同幻想を抱くようになったのだろう   
29 死後の身体は、死体としてではなく遺体として、人として扱うべきものである
  
30 私たち家族は、臓器提供があれば命をつなぐことができる人たちのために彼の身体を役立てることが、いま彼の願いに沿うことだと考えました    
31 一人では何も出来ぬ。然し先づ誰かが始めなければならぬ
32 死刑にするため 助けたんじゃない!!
33 同意書書いたからって同意したわけじゃありません
34 名医というものは、倫理や道徳を越えたところに存在する。理屈ではない。たとえ人格破綻者であろうとも、メスの煌めきさえ確かなら、社会は彼を求める   
35 日本人は感染の原因や責任を、個人の無責任さや怠慢に求める文化的傾向が強い
36 気の小さい人ですから、どうか病名だけは告げないでください
37 病院を出るときには、すっかり罪人になったような気分になる
38 経管栄養のほとんどが他者による決定の回避の結果であって、決定の結果ではない39 助けたい一心で
40 精神病なのか、耄碌は。痴呆。幻覚。徘徊。人格欠損。ネタキリ
41 悪用の可能性があるから認めないというのでは、いつまでたっても多くの人が苦しい死を免れません    
42 アメリカの法は、ことが行われる前に裁判所とともにやってくるが、この国の法は、ことが終わってしまった後に、警察やメディアとともにやってくる   
43 先生。私は自然に死にたいんです。食べないで死ぬってのは自然ではないですか 
44 人は三度死ぬ     
45 向こう村のわしのおばあやんも山に行ったのだぞ、このうちのお姑も山に行ったのだぞ、わしだって行かなきゃァ
46 一人で決めない。一度で決めない
47 生き死にはものの常也。医ノ道はよそにありと知るべし
48 私がしたことは殺人ですか?  

書籍紹介
雑誌紹介
セミナー