雑誌紹介

  • コミュニティケア 2012年5月号 立ち読みする お気に入り登録
  • 169号(Vol.14,No.5)


    コミュニティケア 2012年5月号



    A4変 80ページ(判型/ページ数)   2012年5月発行 978-4-8180-1634-7
    編集部のページ


    • 定価: 1,188 円(税込)

    • 品切れ
    • バックナンバー  年間購読受付中!

    特集1

    新開発の“シート”でできる!

    高齢者ケア施設での転倒予防


     高齢者ケア施設における事故の中で、転倒による大腿骨頸部骨折は利用者のQOL低下などを招きやすく、現場はその発生予防に取り組んでいます。しかし、転倒高リスク者のアセスメントが不十分な上に、転倒の原因を「利用者の身体機能の低下」や「認知症」など改善が難しいものとしていることが多く、具体的な対策がとれないでいます。
     本誌編集委員で、特養看護に長年携わってきた鳥海房枝さんは、この現状を打開するために2年半にわたって転倒の高リスク者を事前に絞りこむための「大腿骨頸部骨折発生リスク者のアセスメントシート」と事故発生後に活用する「要因分析シート」の開発に取り組みました*。「アセスメントシート」で事故発生を予防し、「要因分析シート」で原因を探り、ほかの利用者の転倒予防に生かしていく、二段構えでの対策です。
     本特集では、2つの新開発のシートを活用する転倒予防について鳥海さんに「総論」でお話をうかがい、「解説」でその使い方を紹介。さらに、鳥海さんが事務局長を務める「NPO法人メイアイヘルプユー」が行った、2つのシートを活用した転倒予防の研修会の様子をレポートします。
     アセスメントや要因分析をきちんと行うことで「転倒」は必ず減少します。本特集で、そのポイントをつかんでください。


    特集2

    “被災者の生活”を支え続ける看護


    東日本大震災から1年以上経過しました。しかし、復興はなかなか進まず、仮設住宅での慣れない生活で体調を崩す高齢者や、肉親の死などの精神的ダメージから立ち直ることのできない被災者たちには定期的な支援が必要です。その支援は“生活”に視点を置いたものが求められており、“看護”による支援は、今、最もニーズのあるものの1つと言ってよいのではないでしょうか。
     そのような中、“生活の場”を支える看護の実践が広がることをめざしている、日本訪問看護財団・在宅看護研究センターLLP・全国訪問看護事業協会の3つの団体は、それぞれの特長を生かして被災地での支援を行っています。そして、そのいずれもが被災地に赴くナースを募集しています。本特集でその取り組みに興味を持たれたら、ぜひ、支援の一歩を踏み出してください。

目次

●特集
新開発の“シート”でできる! 高齢者ケア施設での転倒予防

〈総論〉
転倒予防を切り口にケアの質を向上させよう! 鳥海房枝

〈column〉
「高齢者施設における転倒による大腿骨頸部骨折予防検討に関する研究」の概要 編集部

〈解説1〉
大腿骨頸部骨折発生リスク者の「アセスメントシート」の使い方 鳥海房枝・新津ふみ子

〈解説2〉
事故発生時に活用したい!「要因分析シート」の使い方 新津ふみ子・鳥海房枝

〈レポート〉
事例検討で学ぶシートを用いた転倒予防の実際 編集部

〈column〉
[参加者の声] 2つのシートの使用で転倒時の対応策が具体的になる 川添節子


●第2特集
“被災者の生活”を支え続ける看護

〈報告1〉日本訪問看護財団
仮設住宅住民を“予防訪問看護”で支える―名取市パイロット事業 上野まり

〈報告2〉在宅看護研究センターLLP
その人の“生き抜く”を支えるセカンドハウス「よりどころ」――inふくしま“ここさこらんしょ” 村松静子

〈報告3〉全国訪問看護事業協会
中長期的な支援で“訪問看護”がつながる
――訪問看護支援ナース絆事業 上野桂子・宮崎和加子


●SERIES
特別養護老人ホームでの“看護”の実践 九里美和子
特別養護老人ホーム淡海荘(滋賀県栗東市)
——「特養の施設長は看護職が適任」と言われるように!

地域看護専門看護師リレー・エッセーコミュニティで輝く 鹿内あずさ
地域の人々が健康で元気に生きるために、今居る場所で自身ができることをする

看護の原点に戻り“看護の力”を発揮するめざせ!開業ナース 萩原正子
訪問看護ステーションの経営・運営力を強化することに役立ちたい.

角田直枝の病院と地域を“看護”がつなぐ
よく似てる? “訪問看護管理者”と“看護局長”

支えられて〜訪問看護師がALS療養者になって 牛久保結紀
母からの届け物―いつまでも“娘”でいよう

訪問の合間に一句詠んでみる訪問看護“泣き笑い”川柳 久木ひろ美

コミュニティケア探訪 村上紀美子
“相談支援の質”を求めて患者との経験から学ぶ評価
英国のマギーズがんケアリングセンター(その2)

日本訪問看護財団からのお知らせ
被災地・宮城県名取市の仮設住宅で「認知症サポーター養成講習会」を開催!ほか

全国訪問看護事業協会からのお知らせ
2012年度全国訪問看護事業協会の事業についてほか


●COLUMN
ニュース手帳 編集部

REVIEW CITY 池田省三
施設から在宅へ本格的転換期を迎えた介護保険

高齢者ケアの風景 甘利てる代
1人暮らしが続けられない!──介護報酬改定で生活援助が「45分」に

押川眞喜子の“メッセージ from St.Luke”
“終末期ケア”と“在宅死”


●REPORT
共生型の小規模多機能ケア施設における“看護”とは 長野みどり

書籍紹介
雑誌紹介
セミナー