書籍紹介

  • 家族看護選書 第5巻 終末期の家族看護・グリーフケア 立ち読みする お気に入り登録

  • 家族看護選書 第5巻 終末期の家族看護・グリーフケア


    野嶋佐由美・渡辺裕子 編


    A5 166ページ(判型/ページ数)   2012年6月発行 978-4-8180-1675-0

    『家族看護選書』全6巻のご紹介(編集部のページ)


    • 定価: 1,728 円(税込)

    • 冊数: 

    • カートに入れる

    『家族看護』のバックナンバーから、「終末期」関連の論文を厳選し、再編集しました!

    本巻では「終末期」領域に焦点を当て、『家族看護』バックナンバーから論文を厳選。緩和ケア病棟や一般病棟での家族看護のほか、救急医療の場や在宅での援助、またがん患者のほか、認知症患者や高齢者の家族ケアなど、さまざまな場面や対象が網羅されている。それら「さまざまな場面・対象での終末期の家族ケア」、看護者が悩むことの多い「終末期の退院支援」、昨今、関心が高い「グリーフケア」を3つの柱に再編集した。

目次

第1章 さまざまな場面・対象での終末期の家族ケア
一般病棟における終末期患者の家族への看護 
救急医療における終末期患者の家族への看護 
ホスピスにおける家族への看護 
老年期のがん患者をもつ家族へのケア 
がん終末期における家族の力を支える看護 
認知症患者の「看取り」における家族ケア
—家族が後悔しない看取りに向けて 
生命の危機状況下にある患者の家族へのアプローチ
緩和ケアの場における関わりの難しい家族とそのアプローチ
—患者も家族も必要な緩和ケア 

第2章 終末期の退院支援
家族に焦点を当てたターミナル患者の退院調整カンファレンス 
ターミナル期患者の退院に向けた家族の看護

第3章 グリーフケア
配偶者を亡くすということ 
老親が子を亡くすということ(逆縁)
—悲嘆と老いの弱りに焦点を当てて
遺族ケアの基礎知識 
精神科外来における遺族ケア 
臨死期における遺族ケア 
救急医療における遺族ケア 
ホスピスにおける遺族ケア
配偶者を亡くした男性遺族のケア

書籍紹介
雑誌紹介
セミナー