書籍紹介

  • 家族看護選書 第6巻 家族に向き合う看護師のジレンマとパートナーシップ形成 立ち読みする お気に入り登録

  • 家族看護選書 第6巻 家族に向き合う看護師のジレンマとパートナーシップ形成


    野嶋佐由美・渡辺裕子 編


    A5 148ページ(判型/ページ数)   2012年6月発行 978-4-8180-1676-7

    『家族看護選書』全6巻のご紹介(編集部のページ)


    • 定価: 1,512 円(税込)

    • 冊数: 

    • カートに入れる

    これまでの『家族看護』から「家族に向きあう看護師のジレンマ」と「パートナーシップ形成」に焦点を当てた論文をまとめました!

    本書では、まず看護師のジレンマについて取り上げている。「家族看護」では、各特集に応じて、家族と対峙する際に看護師が感じる「ジレンマ」について論考した。「ジレンマ」を家族を理解するヒントとして捉えた視点は、他にないものである。
    また、家族看護では、家族とのパートナーシップ形成が看護の基盤であるが、個人を対象とするパートナーシップ形成とは異なる知識や技術が必要である。それゆえに本書では、家族とのパートナーシップ形成についての考え方について取り上げた。

目次

はじめに(野嶋佐由美)

第1章 家族に向きあう看護師のジレンマ
家族像の形成におけるナースのジレンマ(橋本眞紀)
家族の意思決定をめぐるジレンマ(若狭紅子)
家族のつながりを支える看護者の姿勢(三田村七福子)

第2章 さまざまな場面での看護師のジレンマ
退院に向けた家族看護における看護師のジレンマ(吉田千文)
生命の危機状態にある患者家族をケアする看護師のジレンマ(渡辺裕子)
終末期の家族看護をめぐる看護師のジレンマ(熊谷靖代)
がん患者の家族支援に関するナースのジレンマ(渡辺裕子)
リハビリテーションにおいて家族看護を行う看護師のジレンマ(堀房子)
多様な認知症患者の家族ケアにおけるナースのジレンマ(得居みのり)

第3章 患者・家族とのパートナーシップ形成
家族との援助関係を築くとは(永井優子)
家族とのパートナーシップ(遊佐安一郎)
患者・家族とのパートナーシップ確立を阻害する要因と課題(渡辺裕子)
パートナーシップ形成に向けての家族の医療への参画-協働への支援(中野綾美)
家族とのコミュニケーション(畠山とも子)
看護者の看護観とパートナーシップ(澤田いずみ)

書籍紹介
雑誌紹介
セミナー