書籍紹介

  • はじめて学ぶグリーフケア お気に入り登録

  • はじめて学ぶグリーフケア


    宮林幸江・関本昭治 著


    A4変型 132ページ(判型/ページ数)   2012年12月発行 978-4-8180-1695-8

    ★ 弊社の「がん看護関連書籍」一覧はこちら


    • 定価: 1,944 円(税込)

    • 冊数: 

    • カートに入れる

    グリーフケアを初めて学ぶ人のための、わかりやすい実用テキスト

     年間約120万人が亡くなられる多死社会の日本で、遺族の方へのグリーフケアの重要性が高まっています。
     本書は日本グリーフケア協会の要職である著者の解説を通じて、グリーフケアの現状や、よりよいグリーフケアのための実践法をわかりやすく指南します。
     看護師、介護士をはじめ、葬儀社に勤める方など遺族を支えるすべての職種の方が、はじめてグリーフケアを学ぶための最適な1冊です。

目次

1章
悲嘆とは何か
1-1 悲嘆の基礎知識
1-2 悲嘆の社会問題
1-3 グリーフケアに当たって
1-4 悲嘆研究の歴史的背景

2章
日本人の悲嘆
2-1 日本人の4つの悲嘆
2-2 複雑な悲嘆について
2-3 予期による悲しみ
2-4 死別前と死別後と「心の危機に向き合う」
2-5 家族と悲嘆

3章
グリーフケア・カウンセリング&ワークショップの実践
3-1 グリーフケアの形
3-2 GWSの実践

4章
遺族と看護師からの相談
4-1 遺族からの相談に関する留意事項
4-2 遺族からの相談
4-3 看護師からの相談

書籍紹介
雑誌紹介
セミナー