書籍紹介

  • 看護理論集 第3版 お気に入り登録

  • 看護理論集 第3版
    NURSING THEORIES The Base for professional nursing practice


    より高度な看護実践のために
    Julia B. George 編  南裕子・野嶋佐由美・近藤房恵 他 訳


    B5 560ページ(判型/ページ数)   2013年3月発行 978-4-8180-1718-4


    • 定価: 4,212 円(税込)

    • 冊数: 

    • カートに入れる

    実践との連環を踏まえた「看護理論」入門書!

    『NURSING THEORIES』原著第6版を邦訳第3版として刊行しました。新たな理論家としてPender、Bennerを加え、旧版より内容を全面改訂。現代看護学の基礎を築いた代表的な理論家とその最新の理論を、看護過程への応用、看護界に与えた影響、理論の長所や限界など多角的な視点から検討し、紹介しています。より深く、より広い視点で看護実践と理論をつなぐために最良の一冊です。

目次

第1章 看護理論への入門
第2章 看護理論と臨床実践
第3章 Florence Nightingal:環境モデル
第4章 Hildegard E. Peplau:看護における人間関係
第5章 Virginia Henderson:看護の定義と要素
第6章 Dorothea Elizabeth Orem:セルフケア不足看護論
第7章 Imogene M. King:概念システムと目標達成理論
第8章 Martha E. Rogers:ユニタリ・ヒューマンビーイングの科学
第9章 Sister Callista Roy:Roy適応モデル
第10章 Betty Neuman:Neumanシステムモデル
第11章 Madeleine M. Leininger:カルチャーケアの多様性と普遍性理論
第12章 Margaret A. Newman:拡張する意識としての健康理論
第13章 Jean Watson:トランスパーソナルケアリング理論
第14章 Rosemarie Rizzo Parse:人間生成学派
第15章 Nola J. Pender:ヘルスプロモーション・モデル
第16章 Patricia Benner:ケアリングとエキスパート看護実践の哲学

書籍紹介
雑誌紹介
セミナー