書籍紹介

  • 看護実践研究・学会発表のポイントQ&A 上巻 研究テーマの選択から学会発表へ お気に入り登録

  • 看護実践研究・学会発表のポイントQ&A 上巻 研究テーマの選択から学会発表へ


    公益社団法人日本看護協会 編


    B5 72ページ(判型/ページ数)   2013年5月発行 978-4-8180-1743-6


    • 定価: 1,080 円(税込)

    • 冊数: 

    • カートに入れる


    研究テーマの探し方、文献の探し方、抄録の書き方、発表形式の違いをはじめとした、研究・学会発表に関する看護職の疑問に答えます。演題の受付や文献検索の支援、査読に関わる立場から執筆しました。はじめて研究や学会発表をする方はもちろん、すでに経験された方にも、今後に活かせる内容になっています。

目次

はじめに


序 章 研究を始める前に

1 研究を行うことの意義
 Q1看護職にはなぜ研究が必要なのでしょうか?

2 研究テーマをみつける
 Q2 研究テーマをみつけるときのポイントはどんなところですか?
 Q3 実践研究とはどのようなものですか?

3 自分の考えた研究テーマが既に発表されているかを調べる
 Q4 どうして自分の研究テーマがすでに発表されたものかを調べる必要があるのですか?
 Q5 自分の研究テーマが既に発表されているかどうかはどのように調べたらよいですか?
 Q6 図書館の上手な利用法を教えて下さい。

4 研究に必要な倫理的配慮とは
 Q7 倫理的配慮は何のためにするのですか?
 Q8 倫理的配慮はどのような手順で行うのですか?
 Q9 研究の対象者によって、特に倫理的配慮が必要な例はありますか?

5 利益相反について
 Q10 利益相反とは何ですか?

6 研究の計画・実行のポイント
 Q11 研究を進める上でのポイントはありますか?


第1章 抄録を書いて演題を応募する

1 口演と示説の違い
 Q12 口演とはどんな発表形式ですか?
 Q13 示説とはどんな発表形式ですか?
 Q14 口演と示説のどちらかを選ぶときのポイントは?

2 抄録に記載すべきこと
 Q15 抄録には何を書けばよいですか?
 Q16 研究に関わった人のどこまでを共同研究者にすればよいですか?

3 抄録の提出前の確認
 Q17 抄録の提出前にチェックしておくとよいところはどこですか?

4 抄録の提出方法
 Q18 抄録の提出はどのようにすればよいですか?

5 発表者の変更・演題の取り下げ
 Q19 演題応募後の発表者の変更や演題の取り下げはしてもよいのでしょうか?


第2章 演題が採否が決まるまで

1 演題の採否が決まるまでのプロセス
 Q20 提出した演題の採否はどのようなプロセスで決まるのですか?
2 採択される抄録のポイント
 Q21 査読者はどんなところをみているのですか?


第3章 学術集会で発表する

1 学術集会の会場でのマナー
 Q22 学術集会の会場で、発表や聴講をする際に気をつけるべきことは何ですか?
 Q23 学術集会に参加するときの服装はどうすればよいですか?
 Q24 抄録では研究を行った施設の実名を伏せましたが、発表では明らかにしてよいですか?

2 口演発表に使用するスライドを作成する
 Q25 口演発表のスライドはどのように作ればよいですか?

3 口演発表のスライドの提出
 Q26 口演発表に使用するスライドのデータは、いつまでにどのように提出すればよいですか?

4 口演の発表
 Q27 口演の発表では何を説明したらよいですか?

5 示説のポスターの作成
 Q28 示説のポスターには何を書けばよいですか?

6 示説の発表
 Q29 示説の発表では何を説明したらよいのですか?

7 質疑応答のルール
 Q30 質疑応答の際に気をつけることはありますか?


第4章 学会発表に関するその他の疑問

 Q31 病院内で発表した研究を投稿してもよいのでしょうか?
 Q32 所属施設が変わり研究当時とは異なっています。所属施設名はどちらを記載すればよいでしょうか?
 Q33 学術集会には自分の発表の日だけ参加すればよいでしょうか?
 Q34 演題を応募することを所属の看護部に伝えなくてもよいですか?
 Q35 学術集会で発表したことを証明したいのですが、どのような手続きが必要ですか?
 Q36 二重投稿とはどういうことですか?なぜいけないのですか?
 Q37 演題の応募資格をもつのはどんな人ですか?学生の演題応募は可能ですか?

この書籍を購入した方はこちらも購入しています

<<戻る

書籍紹介
雑誌紹介
セミナー