書籍紹介

  • 看護実践研究・学会発表のポイントQ&A 下巻 論文作成から投稿へ お気に入り登録

  • 看護実践研究・学会発表のポイントQ&A 下巻 論文作成から投稿へ


    公益社団法人日本看護協会 編


    B5 68ページ(判型/ページ数)   2013年5月発行 978-4-8180-1744-3


    • 定価: 1,080 円(税込)

    • 冊数: 

    • カートに入れる


    論文の構成・書き方、投稿の手続きをはじめとした、論文投稿に関する看護職の疑問に答えます。論文の受付や文献検索の支援、査読に関わる立場から執筆しました。はじめて論文投稿をする方はもちろん、すでに経験された方にも、今後に活かせる内容になっています。

目次

はじめに

序 章 論文を書き始める前に

1 研究を論文にまとめることの意義
Q1 自分の書いた論文は他の人の看護実践に役立つのでしょうか?

2 評価される論文とは
  Q2 査読者はどんなところを見ているのですか?
  Q3 過去の優秀論文はどこがよかったのですか?

3 論文作成に役立つ文献
  Q4 論文を書く前に読んでおきたい文献は?


第1章 論文を書く-構成と記述のポイント

1 投稿規程をよく読む
 Q5 投稿規程はなぜ大切なのでしょうか?

2 論文を書く
 Q6 表題(タイトル)はどのようにつけたらよいですか?
 Q7 論文の構成はどのようにしたらよいですか?
 Q8 「はじめに」にはどんなことを書けばよいですか?
 Q9 「目的」にはどんなことを書けばよいですか?
 Q10 「方法」にはどんなことを書けばよいですか?
 Q11 「倫理的配慮」に必ず書かなければいけないことは何ですか?
 Q12 「結果」にはどんなことを書けばよいですか?
 Q13 「考察」にはどんなことを書けばよいですか?
 Q14 「結論」にはどんなことを書けばよいですか?
 Q15 どんなデータを図や表にしたらよいですか?
 Q16 図表を作るときに気をつけることはありますか?
 Q17 研究に協力してもらった人に感謝の意を伝えたいのですが、「謝辞」はどう書けばよいでしょうか?
 Q18 文献を活用するときの基本的なルールにはどんなものがありますか?
 Q19 文献はどのように記載するのですか?


第2章 投稿前のチェック・投稿の方法

1 論文を投稿する前に内容の確認をする
 Q20 でき上がった論文は誰にみてもらうのがよいのでしょうか?
 Q21 提出前のチェックではどんなところを確認すればよいでしょうか。

2 投稿する
 Q22 論文投稿の手続きの際、注意すべきところはどこでしょうか?
 Q23 論文の提出はどのようにすればよいのですか?


第3章 論文の掲載が決定するまで

1 掲載論文決定のプロセス
 Q24 どのようなプロセスで掲載論文が決定するのですか?

2 査読結果への回答
 Q25 投稿した論文の査読結果が送られてきました。修正して再提出する際に気をつけることはありますか?
 Q26 査読の内容に納得がいきません。査読者に意見を言ってよいのですか?


第4章 論文投稿に関するその他の疑問
 Q27 出版社から学術集会で発表したことを雑誌に掲載したいと言われました。すでに論文投稿を済ませています。断った方がよいでしょうか?
 Q28 今回は論文が採択されませんでした。その論文を他の雑誌に投稿することはできますか?
 Q29 所属施設が変わり研究発表時とは異なっています。所属施設名はどちらを記載すればよいでしょうか
 Q30 研究発表の抄録と論文の著者は違っていてもよいのですか?
 Q31 二重投稿とはどういうことですか?なぜいけないのですか?

この書籍を購入した方はこちらも購入しています

<<戻る

書籍紹介
雑誌紹介
セミナー