書籍紹介

  • グラウンデッド・セオリー・アプローチ ─ 分析ワークブック 第2版 お気に入り登録

  • グラウンデッド・セオリー・アプローチ ─ 分析ワークブック 第2版


    戈木クレイグヒル滋子 編


    B5 168ページ(判型/ページ数)   2014年3月発行 978-4-8180-1817-4
    【座談会】質的研究を正しく学ぶために〜臨床ナースと学生が取り組むGTA


    別冊資料編:98ページ

    • 定価: 3,024 円(税込)

    • 冊数: 

    • カートに入れる

    GTAの分析過程を詳細に学べるワークブック。本編・資料編ともに大幅改訂&増量。

    初版から3年が経過し、タイトルも「グラウンデッド・セオリー・アプローチ―分析ワークブック 第2版」と、より内容がはっきりわかるものに変更しました。本文は大幅改訂を行い、見やすい別冊資料編も大幅増頁。練習問題6つの分析過程すべてを見ながら学べるワークブックです。

目次

はじめに

第1章 概要、プロパティとディメンション、ラベル

第2章 概念の把握

第3章 概念の関係をとらえる

第4章 観察法で収集したデータの分析①

第5章 観察法で収集したデータの分析②

第6章 カテゴリーの現象分類

第7章 カテゴリー関連図とストーリーライン

第8章 理論化を促進するためのテクニック

第9章 カテゴリー関連図の統合と次のデータ収集に向けてのサンプリング

第10章 グラウンデッド・セオリー・アプローチに関するQ&A

◯資料編

◉初版連動ブログはこちら(現在コメントや質問への回答は休止中です)

書籍紹介
雑誌紹介
セミナー