書籍紹介

  • 誤嚥のケアと予防チェックテスト88 お気に入り登録
  • 在宅・施設ケアスタッフのための


    誤嚥のケアと予防チェックテスト88


    藤谷順子(国立国際医療研究センター リハビリテーション科医長)編集


    A5 216ページ(判型/ページ数)   2014年4月発行 978-4-8180-1840-2


    • 定価: 2,376 円(税込)

    • 冊数: 

    • カートに入れる

    現場の疑問から生まれた誤嚥クイズで実力アップ!

    「口腔ケアは1日1回でもよい?」「むせた時は背中を叩いたほうがよいの?」「誤嚥を軽減できる薬はある?」など、在宅・施設ケアに携わる看護師やケアスタッフからの声を集めた誤嚥にまつわるクエスチョンに、○×△で答えと解説を提供します。忙しい業務の合間でも手軽に楽しみながら知識を身につけて、患者さんと家族の安心を支えるケアの実力をアップさせましょう!

目次

Part 1 嚥下障害・肺炎の基礎知識
 Q:誤嚥してからすぐに誤嚥性肺炎が発生する? ほか21問

Part 2 誤嚥のアセスメント―検査とスクリーニングテスト
 Q:誤嚥をしているか簡単にわかる方法がある? ほか5問

Part 3 食形態と食事
 Q:いつも軟らかい物を食べていると嚥下機能は向上しない? ほか23問

Part 4 口腔ケア・義歯
 Q:義歯を入れれば嚥下障害は改善する? ほか13問

Part 5 リハビリテーション
 Q:歌をうたうのは嚥下障害に効果がある? ほか14問

Part6 在宅サービスの利用
 Q:医師は直接、歯科衛生士に指示を出せない? ほか6問

書籍紹介
雑誌紹介
セミナー