雑誌紹介

  • 家族看護 24 お気に入り登録

  • 家族看護 24


    特集編集委員  河原加代子、関根光枝、平原優美


    B5 160ページ(判型/ページ数)   2014年8月発行 978-4-8180-1854-9
    ※休刊のお知らせ


    • 定価: 2,592 円(税込)

    • 冊数: 

    • カートに入れる
    • バックナンバー

    特集1

    在宅での看取りにおける家族ケア


    超高齢社会の到来により、国は在宅医療を推進し、看取りの場所においても「病院」から「在宅」へと転換する方向性を打ち出しています。在宅での看取りを含めた在宅療養には“家族による介護”が大きく関わっており、今後、在宅における家族支援は重要な課題となるといえます。本特集では、今後増加するとみられる在宅での看取りの方向性と、その家族支援のあり方を解説し、「老老介護」「独居」「退院支援」「グリーフケア」などの課題への対応策を考えます。誌上コンサルテーション5題も掲載。



目次

●『家族看護』休刊に寄せて
○家族看護学の力量が試される時代へ 野嶋佐由美
○「家族看護学の発展」と「臨床看護師のエンパワーメント」を追求した11年 渡辺裕子
○インタビュー「家族を考える人びと」:箕岡真子さん
 (東京大学大学院医学系研究科医療倫理学分野客員研究員/箕岡医院 院長)

●特集:在宅での看取りにおける家族ケア
○今回の特集について   

総論
◯社会情勢の変化と在宅での看取り 河原加代子
◯在宅での看取りにおける家族看護
─「家族が死を看取るということ」と家族力を高める看護 榎本美由貴、柳原清子

各論
◯老老介護で在宅での看取りを行う──その課題と支援 丹波ちひろ
◯「おひとりさま」を家で看取る 宮田乃有
◯在宅での看取りを視野に入れた退院支援 関根光枝
○外来化学療法中のがん患者の在宅での看取り 平原優美
○在宅での看取り後の家族へのグリーフケア 平原優美

関連論考
◯地域での“死生観・看取りについての教育”──長野県佐久地域の実践から 北澤彰浩

誌上コンサルテーション5題
◯[1]夫亡き後の生活の不安を訴える妻
 ──死を前提とした家族内コミュニケーションを促す支援 矢尾知惠子、吉田美由紀
◯[2]医療職ゆえに現実と向き合えなかった家族
 ──家族個々の状況を踏まえたアプローチを考える 高橋操、佐藤直子
◯[3]障害をもつ人を在宅で看取る家族
 ──「家族看護エンパワーメントモデル」を踏まえて 野崎加世子、森脇信子、スタッフ一同、田川由香
◯[4]看取りに向けた意思決定ができない家族
 ──非がん療養者家族のアセスメントと看取りへの支援 佐々木ゆかり、森下幸子
◯[5]訪問看護師のケアを拒否する家族
 ──家族との信頼関係の視点から 久保田真美、針生智子、長内さゆり

連載
○家族支援CNSが事例でレッスン! みんなの家族看護:退院支援における家族看護 永冨宏明
○キーワードで学ぶ! 家族看護学入門:家族とのパートナーシップ 長戸和子
○最新 家族看護学研究レビュー 法橋尚宏、本田順子、易覃秋子

寄稿
◯現任教育で家族看護をいかに教えるか
 ──“家族看護のケーススタディ研修”という方法論 山崎あけみ、峰博子、亀山花子

実践リポート:事例報告
個人システムを通して介入する家族へのシステムアプローチ
 ──ターミナル期の患者をキーパーソンとした事例を通して
 藤本照代、正野逸子、戸井間充子、江口千代、鷹居樹八子

○家族を考える本

この書籍を購入した方はこちらも購入しています

    • 家族看護 23

    • 家族看護 23



      編集委員 柳原清子、長江弘子、星川理恵
      978-4-8180-1816-7
      2014年2月発行  定価 2,592 円(税込)


      在庫:有り
      本特集では、エンド・オブ・ライフケアのあり方や家族のアセスメント、家族の意思決定、支援・和解・合意形成・家族システムの変化へのアプローチなどについて解説します。

    • 家族看護学 理論と実践 第4版

    • 家族看護学 理論と実践 第4版



      鈴木和子・渡辺裕子 著
      978-4-8180-1697-2
      2012年11月発行  定価 3,456 円(税込)


      在庫:有り
      今回の改訂では、状況別に家族看護の実際について詳説した実践編の各章を、「対象の理解」と「援助の実践」に整理しました。また新たに認知症患者の家族の看護やグリーフケアについて加筆しました。

    • 家族看護選書 第4巻 在宅での家族への看護

    • 家族看護選書 第4巻 在宅での家族への看護



      野嶋佐由美・渡辺裕子 編
      978-4-8180-1674-3
      2012年6月発行  定価 1,944 円(税込)


      在庫:有り
      これまでの『家族看護』で蓄積してきた実践知をさらに選りすぐり、「在宅」領域に焦点を当てた論文を一冊にまとめました!

    • 在宅での看取りのケア

    • 在宅での看取りのケア



      宮崎和加子 監修
      978-4-8180-1187-8
      2006年1月発行  定価 2,160 円(税込)


      在庫:絶版
      幸せな在宅での看取りとは何か? 死が近づく人と、その家族のための最高の支援者となるために、在宅ケアに携わるすべての人へ送る実践マニュアル!

<<戻る

書籍紹介
雑誌紹介
セミナー