雑誌紹介

  • コミュニティケア 2015年2月号 立ち読みする お気に入り登録
  • 208号(Vol.17,No.2)


    コミュニティケア 2015年2月号



    A4変 80ページ(判型/ページ数)   2015年2月発行 978-4-8180-1882-2
    編集部のページへ


    • 定価: 1,296 円(税込)

    • 品切れ
    • バックナンバー  年間購読受付中!

    特集1

    在宅ケアの20年を振り返り未来へ

    訪問看護サミット2014・レポート


    2014年11年29日(土)、ベルサール新宿グランドにて執り行われた「訪問看護サミット2014」。主催する日本訪問看護財団の設立20周年を記念して、盛大に開催されました。

    本特集では、まず訪問看護サミット当日の様子を〈レポート〉で紹介。「豊かな高齢社会を生きる」をテーマに語られた清家篤氏(慶應義塾長/社会保障制度改革推進会議議長)による「記念講演」と、村松静子氏(在宅看護研究センターLLP代表)・尾身茂氏(地域医療機能推進機構理事長)をパネリストに迎え、大熊由紀子氏(国際医療福祉大学大学院教授)がコーディネーターを務めて、「在宅ケアの未来」について語り合った「パネルディスカッション」を〈載録〉しました。

    また、本サミットでは、同財団設立20周年に際し、訪問看護の発展に尽力された方や同財団事業の推進に貢献した方に対して表彰状・感謝状が贈られました。〈受賞者の声〉では、代表して6人の方に受賞の感想や後輩へのメッセージをお寄せいただきました。

    特集の最後では〈メッセージ〉として、同財団常務理事の佐藤美穂子氏に、同財団のこれまでのあゆみやこれからめざす方向性、さらにサミット参加者の声をまとめていただきました。


    特集2

    認知症初期集中支援チームで地域医療はどう変わるのか


    2015年度は第6期介護保険事業計画がスタートする年です。各市区町村には「認知症ケアパス」を策定することで、これまで地域で培われてきた「認知症の人を支える取り組み」を整理し、認知症の人や家族、地域住民に対して、認知症の生活機能障害に応じた支援内容を体系的にわかりやすく示し、認知症の人を地域でいかに支えていくかを明示することが求められています。

    また、認知症施策の要として期待され、2013年度まではモデル事業として行われていた「認知症初期集中支援チーム」は、2014年度に介護保険制度の地域支援事業の任意事業となり、2015年度は包括的支援事業としてスタートすることになります。

    第2特集では、2013年度から始まっている「認知症施策推進5か年計画」(オレンジプラン)の進捗状況について解説していただいた上で、認知症初期集中支援チームの試行事業に取り組んできた看護職に、実際のチームの活動やその中での看護職の役割について報告していただきます。これからの地域における認知症ケアがどう変わっていくのかを探ります。

目次

●特集 在宅ケアの20年を振り返り未来へ 訪問看護サミット2014・レポート

〈レポート〉日本訪問看護財団設立20周年記念「訪問看護サミット2014」編集部
〈載録〉記念講演 豊かな高齢社会を生きる 清家篤
〈載録〉パネルディスカッション 在宅ケアの未来 村松静子・尾身茂・大熊由紀子
〈受賞者の声〉若い看護師とともに訪問看護を発展させていきたい
  石川セツ子・加藤容子・栃木清・野崎加世子・宮城愛子・横田喜久恵
〈メッセージ〉日本訪問看護財団の20年とこれから 佐藤美穂子


●第2特集 認知症初期集中支援チームで地域医療はどう変わるのか

〈解説〉認知症施策の今後の方向性 真子美和
〈報告1〉福井県敦賀市 敦賀市の認知症への取り組みと明らかになった3つの課題 猿橋真由美
〈報告2〉東京都世田谷区 訪問看護師中心の認知症初期集中支援サービス 片山智栄


●SERIES
 特別養護老人ホームでの“看護”の実践 小澤恵子
 特別養護老人ホーム紅林荘(長野県諏訪郡富士見町)――いのちの伴走者として思うこと

 訪問看護師ががん患者になって考えた 死にゆく人に寄り添い支えること 川越博美
 在宅緩和ケアを担う訪問看護ステーション

 私たち、訪問看護認定看護師です!
 教育課程で得たものを生かし新たな道を拓く 市場美香

 訪問看護認定看護師として超高齢社会を支えたい 阿部美樹

 角田直枝の病院と地域を“看護”がつなぐ 角田直枝
 コミュニケーションの勉強はお芝居から

 支えられて 〜訪問看護師がALS療養者になって 牛久保結紀
 姉弟の手助けに感謝

 訪問の 合間に一句 詠んでみる 訪問看護“泣き笑い”川柳 森本広子

 ワンポイント講座 認知症高齢者への口腔ケアと食支援 枝広あや子・平野浩彦
 アルツハイマー型認知症と血管性認知症の食行動の違い

 日本訪問看護財団からのお知らせ
 研究に取り組んでみませんか? ――「訪問看護等在宅ケア研究助成」のご案内 ほか

 全国訪問看護事業協会からのお知らせ
 「精神科訪問看護基本療養費」の算定要件について ほか


●COLUMN
 ニュース手帳 編集部

 高齢者ケアの風景 甘利てる代
 障がいを持つ子らと高齢者をつなぐ 〜「ちぶみやえせ」のこれまでとこれから〜

 地域・在宅ケアの未来を拓く 看護師職能委員会Ⅱ 鈴木恵美子
 〈神奈川県看護協会〉地域における人材育成とネットワーク強化を活動目標に!


●特別寄稿
 イギリス・デンマークの認知症ケア・パラダイムシフトと看護職の活躍 山崎摩耶

書籍紹介
雑誌紹介
セミナー