書籍紹介

  • 感染予防のためのサーベイランス Q&A 第2版 立ち読みする お気に入り登録

  • 感染予防のためのサーベイランス Q&A 第2版


    坂本史衣 著


    B5 164ページ(判型/ページ数)   2015年6月発行 978-4-8180-1912-6


    • 定価: 2,376 円(税込)

    • 冊数: 

    • カートに入れる

    感染予防に携わる感染管理者・院内チーム必携!

      
    サーベイランスのプロセスをステップに分解し、Q&A75問にまとめました。

    総論ではサーベイランスの全体像を、各論では4種類のサーベイランスの「対象の選択」から「フィードバック」まで、ステップごとに事例や根拠を示しながら解説しました。

    サーベイランスの流れや疫学的原則をおさえ、施設のニーズに合わせて、質向上のために活用できる1冊です。

目次

総 論 医療関連感染サーベイランス (全10問)

各 論 1 病原体・感染症サーベイランス (全21問)
step 1 サーベイランスの対象を選ぶ
step 2 情報収集の方法を決める
step 4 発生件数を数える
step 5 発生頻度を計算する
step 6 結果をフィードバックする

各 論 2 医療器具・手技関連感染サーベイランス (全28問)
step 1 サーベイランスの対象を選ぶ
step 2 関係者の合意を得る
step 3 判定基準を理解する
step 4 情報収集の方法を決める
step 5 判定基準を使って判定を行う
step 6 発生頻度を計算する
step 7 医療器具使用比を計算する
step 8 発生頻度を比較する
step 9 結果をフィードバックする

各 論 3 針刺し・切創・汚染サーベイランス (全4問)

各 論 4 プロセスサーベイランス (全12問)

この書籍を購入した方はこちらも購入しています

    • ポケット版 感染対策チェックテスト100 

    • ポケット版 感染対策チェックテスト100 



      洪愛子 総編集
      978-4-8180-1797-9
      2014年1月発行  定価 1,296 円(税込)


      在庫:有り
      好評書『感染対策チェックテスト』が、コンパクトな判型になり、お手頃価格で再登場しました。PCやスマホで○×問題にトライできるWebコンテンツもあります。ぜひお試しを!

<<戻る

書籍紹介
雑誌紹介
セミナー