雑誌紹介

  • コミュニティケア 2016年1月号 立ち読みする お気に入り登録
  • 221号 (Vol.18, No.01)


    コミュニティケア 2016年1月号



    A4変 80ページ(判型/ページ数)   2016年1月発行 978-4-8180-1941-6

    編集部のページへ


    • 定価: 1,296 円(税込)

    • 冊数: 

    • カートに入れる
    • バックナンバー  年間購読受付中!

    特集1

    見逃さない!

    高齢者の薬物有害事象


    昨今、高齢者の多剤併用の問題が顕在化しています。高齢者は加齢に伴い薬物動態が変化し、薬効が高くなるにもかかわらず、疾患数の増加とともに複数の薬剤を服用しています。そのため、多剤服用による薬物相互作用や薬物有害作用が高齢者に多くみられています。その状況を背景に、日本老年医学会は「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン」を10年ぶりに改訂し、2015年末に発表しました。

    本特集では、まず〈解説〉でガイドラインの作成メンバーである医師が高齢者の薬物療法における注意点や同ガイドラインの意義、チームで行う服薬支援のあり方について提言します。続く〈Q&A〉では、看護職が高齢者と接する中で遭遇することの多い薬物有害事象について、看護職が押さえておきたい観察ポイントを薬剤師が整理し、最後に〈提言〉で、老人看護専門看護師が高齢者への服薬支援で看護職に求められる役割をまとめます。

    今、看護職に求められているのは、高齢者の薬物有害事象を発見するだけでなく、薬物有害事象をいかに起こさせないかということ。そのためにすべきことが、本特集からみえてきます。


    特集2

    在宅療養の“要”

    排泄ケア


    在宅療養において“排泄”に不都合が生じたとき、療養者・介護者は在宅での暮らしをあきらめることを考えるといいます。また、介護老人保健施設などを退所し自宅に戻ることの可否を検討する際にも、排泄の自立は判断基準の1つとなります。排泄ケアは在宅療養生活を続ける・始めるための“要”といえるでしょう。

    本特集では、<総論>で高齢者の排泄機能・排泄障害に関する基本的知識と、アセスメントおよびケアのポイント、活用できるツール、排泄用具や薬の適切な使い方などを解説します。続く<報告>では、実際に在宅や施設などで排泄ケアに携わっている看護職が事例を報告します。

    根拠に基づいた適切な排泄ケアの提供や介護者への指導の参考としてご活用ください。

目次

●特集 見逃さない! 高齢者の薬物有害事象

〈解説1〉高齢者の薬物療法における注意点 小島太郎・秋下雅弘

〈解説2〉「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015」の意義 小島太郎・秋下雅弘

〈解説3〉チームで行う高齢者の服薬管理——医療職が果たすべき役割 小島太郎・秋下雅弘

〈Q&A〉高齢者に起こりやすい薬物有害事象——看護職が押さえておきたい観察ポイント
〈Q&A〉福田進・松浦憲司・小川亮子・永井則子

〈提 言〉高齢者の服薬支援において看護職に求められる役割 田中和子


●第2特集 在宅療養の“要” 排泄ケア

〈総論〉高齢者の排泄ケア——アセスメントと基本的ケア 西村かおる

〈報告1〉1つひとつの問題に確実に対処し排泄コントロールを確立 種子田美穂子

〈報告2〉排尿日誌・専門外来を活用し夜間頻尿を改善 町田礼子

〈報告3〉在宅における排便ケアに望まれる対応 梶原敦子


●COLUMN

 ニュース手帳
 株式会社グローバルヘルスコンサルティング・ジャパン メディ・ウォッチ編集部

 地域ケアの今 上野まり
 “訪問看護仕様”を意識した小規模デイサービス

 地域・在宅ケアの未来を拓く 看護師職能委員会Ⅱ 道辻美佐子
 〈長崎県看護協会〉職能Ⅰとの連携を大切にしながら活動


●SERIES

 トシコとヒロミの往復書簡 川越博美
 訪問看護を経験した看護師が病院に復帰するようになれば、病院の看護は変わるのではないでしょうか

 ワンポイント講座 認知症高齢者への口腔ケアと食支援 枝広あや子・平野浩彦
 認知症高齢者の安全な食への配慮

 みんなのおうち探検隊 門脇宣世・松重利枝・高江洲芳枝
 株式会社ケアフレンド
 サービス付き高齢者向け住宅ホスピタウン梅島

 角田直枝の病院と地域を“看護”がつなぐ 角田直枝
 排泄ケアの価値観の転換

 支えられて 〜訪問看護師がALS療養者になって 牛久保結紀
 七五三のお祝い

 訪問の 合間に一句 詠んでみる 訪問看護“泣き笑い”川柳 高野めぐみ

 私たち、訪問看護認定看護師です!
 生活と医療を結びつける認定看護師に 志茂友紀子
 コミュニケーションスキルを武器に利用者・家族を支援 金山小百合

 日本訪問看護財団からのお知らせ
 ニーズに合った多様な研修で訪問看護実践を支援 ほか

 全国訪問看護事業協会からのお知らせ
 『訪問看護実務相談Q&A 平成27年度改訂版』発行のお知らせ ほか


●短期集中連載

 小規模多機能型居宅介護施設における看護職の役割①
 看護職が医療機関以外で働くとは 松井典子


●REPORT

 ケアを受ける人に“着物リメイク”を役立てたい 後藤光子

書籍紹介
雑誌紹介
セミナー