書籍紹介

  • 産業看護学 2016年版 お気に入り登録
  • 地域看護学習Guide


    産業看護学 2016年版


    河野啓子 著


    B5 300ページ(判型/ページ数)   2016年2月発行 978-4-8180-1957-7


    ★ 2017年版を1月末に刊行予定です。
     

    • 定価: 3,780 円(税込)

    • 絶版

    メンタルヘルス対策や作業関連疾患対策など、産業看護の専門性が期待されています!

      
    好評のテキスト『産業保健・産業看護論』を全面的に見直し、産業看護に特有な概念モデルや展開方法などを追加して、書名を『産業看護学』といたしました。産業看護の専門性や果たすべき役割・活動の展開を学ぶことができます。

    看護専門職を目指すすべての学生に学んでもらいたい産業看護学のエッセンスが盛り込まれています。産業現場で働く看護職にも活用していただける1冊です。

目次

第1章 産業保健・産業看護の理念
 1 産業保健とは
 2 産業看護とは
 3 産業看護の展開方法
 4 産業保健専門職の倫理

第2章 衛生管理を推進するための体制
 1 行政のしくみ
 2 事業場における衛生管理体制
 3 サポーティング・システム(社会資源)

第3章 わが国における産業保健・産業看護の実態
 1 産業保健の現状
 2 産業看護活動の現状

第4章 産業保健の基本と産業看護活動
 1 産業看護活動に必要な労働生理の知識
 2 産業疲労とその予防のための産業看護活動
 3 産業看護活動に必要な人間工学の知識
 4 人と仕事との調和への支援
 5 リスクアセスメント・リスクマネジメントにおける産業看護職の役割
 6 職業性疾病とその予防対策における産業看護職の役割
 7 作業関連疾患とその予防対策における看護職の役割
 8 労働者のその他の健康問題

第5章 主な産業看護活動の実際
 1 企業活動における産業保健・産業看護活動の位置づけ
 2 産業保健計画の立て方
 3 職場における健康診断と看護職の役割
 4 職場における健康相談の実際
 5 健康づくりと産業看護職の役割
 6 職場におけるメンタルヘルスケアと看護職の役割
 7 救急処置と産業看護職の役割
 8 疾病管理と産業看護職の役割
 9 労働衛生教育の進め方
 10 職場巡視
 11 職場の安全管理と産業看護活動
 12 女性労働者への健康支援
 13 職域保健と地域保健の連携
 14 小規模事業場における産業看護活動

第5章 これからの産業保健・産業看護
 1 産業保健の国際動向
 2 産業保健の国内動向
 3 諸外国における産業看護活動
 4 わが国における産業看護活動の展望
 5 産業看護活動の課題

書籍紹介
雑誌紹介
セミナー