雑誌紹介

  • コミュニティケア 2016年3月号 立ち読みする お気に入り登録
  • 223号 (Vol.18, No.03)


    コミュニティケア 2016年3月号



    A4変 80ページ(判型/ページ数)   2016年3月発行 978-4-8180-1943-0

    編集部のページへ


    • 定価: 1,296 円(税込)

    • 冊数: 

    • カートに入れる
    • バックナンバー  年間購読受付中!

    特集1

    「食べたい」をかなえる!

    最新 経口摂取ケアのポイント


    経口摂取は栄養・水分の摂取のためだけでなく、生きる喜びを得ることにもつながります。しかし、その効果や本人の願いとは裏腹に、介護者が誤嚥性肺炎を危惧するなどの事情で、あえて避けてしまうケースも少なくありません。

    本特集では、<総論>で“口から食べる”ことの意義と包括的支援、ケアを行う際に留意すべき点を解説します。続く<解説1>では歯科医師が、在宅で行える摂食・嚥下のアセスメントや医師につなげるべき状態の人の判断、地域の医療資源へのアクセス方法を紹介。<解説2>では管理栄養士が適切な食形態の判断基準、嚥下調整食の加工方法や便利なツール・アイテムについて、<解説3>では摂食・嚥下障害看護認定看護師教育課程の主任教員である看護師が食事介助方法について報告します。

    経口摂取を支援するため必要な知識を網羅的に再確認するとともに、各分野の専門家の知見とアドバイスを、現場での看護実践・生活支援にぜひご活用ください。


    特集2

    理解を深めよう

    若年性認知症の実態と支援


    若年性認知症者の多くは働き盛りの世代であり、本人だけでなく、その家族の生活への影響も大きいといえます。しかし、未だ社会的な支援や理解は十分ではありません。

    本特集では、<メッセージ>で妻が若年性認知症となった夫の思いや診断を受ける前後の様子をお伝えし、<総論>では、若年性認知症者とその家族が抱える問題を明らかにした上で、社会的な支援制度について紹介します。続く<報告>では、若年性認知症者向けのデイサービスを行う介護老人保健施設の取り組みと、重度になっても一緒に暮らしたいと願う家族を支えた居宅介護支援事業所の支援の実際を報告します。

    若年性認知症者とその家族は、子どもが小さかったり、配偶者が1人だけで介護をしていたりと、発症年齢が若いがゆえの苦悩があります。医療者として、地域住民として、今、私たちには何ができるのでしょうか。

目次

●特集「食べたい」をかなえる! 最新 経口摂取ケアのポイント

 〈総論〉“口から食べる”ことの意義と包括的支援 小山珠美
 〈解説1〉摂食・嚥下機能のアセスメント 原豪志・戸原玄
 〈解説2〉食形態の選択と加工法 尾関麻衣子・中村育子
 〈解説3〉嚥下機能の維持への安全な食事介助法 浅田美江


●第2特集 理解を深めよう 若年性認知症の実態と支援

 〈メッセージ〉本人・家族の声 突然の認知症宣告からの約2年間 はかせ次郎 [仮名]
 〈総論〉若年性認知症者の実態と支援体制  小長谷陽子
 〈報告1〉“今の能力”を発揮できる場に―若年性認知症デイケアの実際 土橋光伸
 〈報告2〉さまざまなサービスを利用して在宅療養が可能に 髙砂裕子


●SERIES

 トシコとヒロミの往復書簡 川越博美
 病院や訪問看護ステーションで
 看護師のキャリアアップを支えていきましょう

〈最終回〉ワンポイント講座 認知症高齢者への口腔ケアと食支援 枝広あや子・平野浩彦
 認知症高齢者の食べたくない心理要因への配慮

 みんなのおうち探検隊 田中香南江・齊藤よし江・船浪紀子
 医療法人活人会 高齢者グループホーム横浜はつらつ

 角田直枝の病院と地域を“看護”がつなぐ 角田直枝
 スピリチュアルケアは誰がする?

 支えられて 〜訪問看護師がALS療養者になって 牛久保結紀
 再度の決意

 訪問の 合間に一句 詠んでみる 訪問看護“泣き笑い”川柳 松本美香

〈最終回〉私たち、訪問看護認定看護師です!
 教育課程で学んだリフレクションを現場で活用 高橋香代子
「自宅に帰りたい」をかなえる認定看護師をめざして 末永広美

 日本訪問看護財団からのお知らせ
 認知症の利用者へのかかわりのポイントと地域との連携内 ほか

 全国訪問看護事業協会からのお知らせ
「通所介護との『連携』を進めるためのガイドライン」の紹介 ほか


●COLUMN

 ニュース手帳
 株式会社グローバルヘルスコンサルティング・ジャパン メディ・ウォッチ編集部

 地域ケアの今 上野まり
「いちばんたいせつなことは、目に見えない」

 地域・在宅ケアの未来を拓く 看護師職能委員会Ⅱ 稲見美和子
〈宮城県看護協会〉人材育成の取り組みを中心に奮闘


●短期集中連載

 小規模多機能型居宅介護施設における看護職の役割③
 医療行為・介護業務・訪問業務をどのように考えるか 松井典子


●REPORT

 入院中からの支援で入所者・家族が望む生活を実現―介護付き有料老人ホームの取り組み 柿田尚子

書籍紹介
雑誌紹介
セミナー