雑誌紹介

  • コミュニティケア 2016年8月号 立ち読みする お気に入り登録
  • 229号 (Vol.18, No.09)


    コミュニティケア 2016年8月号



    A4変 80ページ(判型/ページ数)   2016年8月発行 978-4-8180-1949-2

    編集部のページへ


    • 定価: 1,296 円(税込)

    • 冊数: 

    • カートに入れる
    • バックナンバー  年間購読受付中!

    特集1

    連携を深める第一歩

    ワークショップを開催しよう


    講義などの一方的な知識伝達ではなく、参加者が自ら参加・体験して共同で何かを学び合ったり、つくり出したりするワークショップ。最近では、教育や芸術、ビジネス、医療・介護などの多くの領域で開催されており、その手法も実にさまざまです。

    本特集では、まず〈総論〉でワークショップを開催する意義やプログラムのつくり方などについて、開催者が心得ておくべき重要ポイントや成功に導く技の説明を交えながら解説します。続く〈報告〉では、「対話型学習」や「リフレクション」「問題解決」「チームビルディング」の4つの目的ごとに、ワークショップの準備からその実際までの流れと、開催の効果、配慮する点などを紹介し、併せて参加者の声もコラムとして掲載します。

    ワークショップは看看連携や多職種連携に大きな効果を発揮します。本特集を参考にして、皆さんもぜひ取り組んでみてください。


    特集2

    120万人に迫る!

    どう支える? 男性介護者


    介護者全体のうち、男性介護者は約3割(厚生労働省、2013年時点)と、女性に比べるとまだ少数派です。しかし、核家族化により夫が妻を介護するケースや、未婚率の上昇により息子が老親を介護するケースなどが増えており、今後も男性介護者が増加していくことが予想されます。ところが、男性は女性よりも家事が苦手だったり、他者に弱音を吐けなかったり、男性独特の悩みや課題を抱え、在宅療養の継続が困難になる可能性が高いようです。

    本特集では、〈総論〉で男性介護者が増えてきた背景や、男性介護者が抱える困難・課題などの実態を整理し、男性介護者に求められる支援や、男性に限らずすべての介護者に対する“介護者支援”の考え方を提示します。また、〈報告〉では訪問看護師による男性介護者へのアプローチの実際を、〈メッセージ〉では男性介護者本人の声を紹介。男性介護者への支援のあり方を探ります。

目次

●第1特集 連携を深める第一歩 ワークショップを開催しよう

〈総論〉連携を深めるワークショップ――開催者の心得と成功に導く技 和泉裕之

〈報告1〉リフレクション
    体験の意味を共有しスタッフの成長・連携促進へ 青木由美恵
    [Column参加者の声] 作左部靖子

〈報告2〉対話型学習
    カフェ型コミュニケーションによる学習の場「みんくるカフェ」 孫大輔
    [Column参加者の声] 松下弓月

〈報告3〉問題解決
    「ホワイトボード・ミーティング」で在宅ケアの問題解決を 奥西春美
    [Column参加者の声] 吉本草蔵

〈報告4〉チームビルディング
    「レゴ・シリアスプレイ」で相互理解を深める 中村一彰
    [Column参加者の声] 真砂敦夫


●第2特集 120万人に迫る! どう支える? 男性介護者

〈総論〉増える男性介護者の実態と家族介護者への支援の課題 斎藤真緒

〈報告1〉ほりきり訪問看護ステーション
     できていることを褒め看護師・介護者間の信頼関係を築く 鈴木和美

〈報告2〉どこでも訪問看護ステーション田野
     男性介護者の本音を引き出す3つのポイント 坪田康佑

〈メッセージ〉男性介護者の声
       仕事と両立しながら妻を介護して20年 富田秀信


●SERIES

 老人看護専門看護師リレーエッセイ 家族の終生期に対峙して 花房由美子・藤田冬子
 義父の認知症発症と手術を家族で支える

 トシコとヒロミの往復書簡 井部俊子
 訪問看護ステーションビジネス

 角田直枝の病院と地域を“看護”がつなぐ 角田直枝
 ネットで何を伝えるか

 支えられて 〜訪問看護師がALS療養者になって 牛久保結紀
 心に残った言葉

 訪問の 合間に一句 詠んでみる 訪問看護“泣き笑い”川柳 加藤裕子

 事例から考える 薬剤師との連携 松浦憲司・永井則子・平田桂子
 薬の影響で嚥下障害は起きますか?

 日本訪問看護財団からのお知らせ
 訪問看護サミット2016と集中セミナーのご案内 ほか

 全国訪問看護事業協会からのお知らせ
 「訪問看護ステーションにおける事業所自己評価のガイドライン」のご紹介 ほか


●SPECIAL FEATURE

 「医療や看護を受ける高齢者の尊厳を守るためのガイドライン」
 ──日本看護倫理学会 臨床倫理ガイドライン検討委員会
 長谷川美栄子・浅井さおり・内山孝子・大串祐美子・小野光美・鈴木真理子・
 高田早苗・友竹千恵・三浦直子・成田麻衣子


●短期集中連載

 家族と暮らせない子どもたちの現状と養護③
 ──NPO法人「子どもの村東北」の活動
 子どもの村東北における子どもと育親の生活 境美砂子・樋貝繁香・伊藤愛・今野和則


●COLUMN

 ニュース手帳
 株式会社グローバルヘルスコンサルティング・ジャパン メディ・ウォッチ編集部

 地域ケアの今 鳥海房枝
 災害への新しい備え方

 地域・在宅ケアの未来を拓く 看護師職能委員会Ⅱ 小原佐智子
 〈鳥取県看護協会〉看看連携、多職種連携を促進する取り組み

書籍紹介
雑誌紹介
セミナー