雑誌紹介

  • 看護 2016年10月号 (Vol.68, No.12) 立ち読みする お気に入り登録

  • 看護 2016年10月号 (Vol.68, No.12)



    A4変 112ページ(判型/ページ数)   2016年9月発行

    編集部のページへ


    • 定価: 1,512 円(税込)

    • 冊数: 

    • カートに入れる
    • バックナンバー  年間購読受付中!

    特集1

    [日本看護協会重点政策・重点事業関連企画]多様化する現場の拠りどころに

    看護業務基準(2016年改訂版)


    日本看護協会「看護業務基準」は“看護実践のための行動指針”および“実践評価のための枠組み”を提示することを目的として1995年に初版が、2006年に改訂版が公表されました。そして今日の看護職の役割拡大や働く場の多様化を受けて10年ぶりの改訂が行われ、7月に「看護業務基準(2016年改訂版)」が公表されました。
    今回は特集1と特集2を合わせた“大規模特集”として、新たな看護業務基準を紹介。座談会では検討委員の3人にどのような意味を込めて改訂を行ったか語っていただき、病院・施設・教育現場の看護職にはそれぞれの現場での活用法について報告していただきます。さらに、法律家とチーム医療推進協議会代表には、同基準の意義や看護への期待について述べていただきます。



目次

◆特集 [日本看護協会重点政策・重点事業関連企画]
多様化する現場の拠りどころに 看護業務基準(2016年改訂版)


[総論]
「看護業務基準」2016年改訂の概要 川本 利恵子

看護業務基準 2016年改訂版 公益社団法人 日本看護協会

[座談会]
「看護業務基準」と今後の看護実践 手島 恵、上田 順子、松本 佐知子

[メッセージ1 現場での活用と今後への期待]
「看護実践の組織化の基準」の活用 松浦 正子

[メッセージ2 現場での活用と今後への期待]
地域におけるチーム医療の中で日々の実践に活用 平野 一美

[メッセージ3 現場での活用と今後への期待]
高齢者施設での基準の活用と実践とのかかわり 海老根 典子

[メッセージ4 現場での活用と今後への期待]
訪問看護ステーションで人事評価や新人教育に活用する 大橋 奈美

[メッセージ5 現場での活用と今後への期待]
助産師の立場から考える看護業務基準の活用 佐山 静江

[メッセージ6 現場での活用と今後への期待]
学生に伝えたい「看護の核」 原田 博子

[オピニオン1 第3者的視点から]法律家の立場から改訂「看護業務基準」を考える 奧野 善彦

[オピニオン2 第3者的視点から]チーム医療を推進する大きな動機に 半田 一登

[資料]「看護業務基準」と看護を取り巻く状況の変化


◆JNA/日本看護協会
・会長の手帳 坂本 すが

・副会長活動ダイジェスト 菊池 令子、大久保 清子、真田 弘美

・専務理事からのワークリポート 井伊 久美子

・常任理事のマンスリー通信 洪 愛子、齋藤 訓子、福井 トシ子、中板 育美、川本 利恵子、勝又 浜子

・TOPICS
新会員情報管理体制「ナースシップ」への移行に伴う施設代表者へのお願い 伊藤 雄介

DiNQL事業、2016年度は583病院4964病棟が参加 長谷川 陽一

・都道府県看護協会事業だより 香川県 中村 明美

・看護研修学校の窓から
感染管理学科【学外演習】微生物検査実習 小西 直子、雨宮 みち

・国際情報のページ 鈴木 恵巨


◆JNA NEWS
・第47回日本看護学会―急性期看護―学術集会が沖縄県で開催
・第47回日本看護学会―在宅看護―学術集会が高知県で開催


◆JNA Information
・平成28年度 日本看護協会教育計画 他
・第26回国際看護師協会(ICN)4年毎大会 他


◆連載
・GRAPH
長期入院者が希望を持って退院し、地域で支え合う居場所づくり
Caféここいま/NPO法人 kokoima(大阪府堺市)

・WHO NEWS 兵庫県立大学地域ケア開発研究所・WHO看護協力センター

・シリーズ 認知症ケアの今②
パーソン・センタード・ケアを考える認知症模擬患者とのシミュレーション研修

・これでワンランクUP! 相手も自分も責めないコミュニケーション術(3)
「ディスる人」(人の価値を下げる人)との上手なかかわり方 奥山 美奈

・看護管理者が元気になる! 看護と人事の協働で実現するWLB(8)
ナースゆえのリスク〜超過勤務対策〜(前編) 竹中 君夫

・医療安全TOPICS(71)
「医療事故・訴訟等関連情報」月報(10〜3月)から 掛川 弘恵

・みっちゃんの 気になる“ことのは”(19)
予測的看護 中島 美津子

・医療行政なるほど塾
厚労省が全国在宅医療会議の初会合を開催
国民への普及啓発を議論 「社会保険旬報」編集部

・このひと月 大日方 公男

・新連載 短期連載
臨地実習を通して培う看護倫理〜実習病院と大学の相互発展〜①
病院と大学が一緒に倫理教育に取り組むようになったきっかけ 樋上 容子、前田 千保子、山川 みやえ、北之園 真由美


◆NEWS FLASH
・第20回日本看護管理学会学術集会開催/日本災害看護学会第18回年次大会開催


◆SPECIAL INTERVIEW
・協働と連携を生むグループマネジメントとは 古川 久敬


◆SPECIAL BOOK GUIDE
・「尺度」を使った看護研究のキホンとコツ


◆編集部のオススメBOOKs
・来期の研修計画作成に役立つオススメ本


◆コラム
・日本訪問看護財団からのお知らせ
・今月のおすすめBOOKS+

書籍紹介
雑誌紹介
セミナー