雑誌紹介

  • コミュニティケア 2016年11月臨時増刊号 立ち読みする お気に入り登録
  • 233号 (Vol.18, No.13)


    コミュニティケア 2016年11月臨時増刊号



    A4変 136ページ(判型/ページ数)   2016年11月発行 978-4-8180-1953-9

    編集部のページへ


    • 定価: 1,728 円(税込)

    • 冊数: 

    • カートに入れる
    • バックナンバー  年間購読受付中!

    特集1

    よりよい療養支援のために

    「生活を支える看護」を考える


    病院から地域の訪問看護や高齢者ケア施設の現場に飛び出てきたナースたちの多くは「患者さんの“生活を支えたかったから”」と語ります。では、そもそもナースは患者・利用者の“生活”のどこを支え、病院看護師が“生活”を支えることは本当に難しいのでしょうか?

    特別養護老人ホーム・訪問看護ステーション等のナースが「患者・利用者の“生活を支えること”とは何か、そこにおける看護というものを共に考え、行動し、誇りと覚悟を支え合い、学び合おう」を目的に立ち上げた“生活を支える看護師の会”の報告から「生活を支える看護」とは何かを考えます。



目次

巻頭カラー 「生活を支える看護」 7つのポイント

Column 「生活を支える看護師の会」とは

第1章 [メッセージ]「生活行動を助ける」がすべての看護の基本 小玉 香津子

第2章 [解説]「生活を看る看護」 看護の原点の拡張と実践の多様性
    ―21世紀の看護論・私(試)論― 山崎 摩耶

第3章 [報告]生活を支える看護師たちの実践

 エイジング・サポート
 活き活きと生きるのが「生活」 その生活を支える看護とは 小林 悦子

 特別養護老人ホーム プレミア扇
 “生活”は健康の土台特別養護老人ホームで支えるために 板倉 睦美

 石神井台特別養護老人ホーム 秋月
 “その人”がその人らしく生きるための縁の下の力持ち 田屋 亜紀子

 からだ学びサポート
 病気や障がい、加齢などの変化があっても、自分らしく暮らす 桑原 紀子

 東京医療保健大学 東が丘・立川看護学部看護学科
 その人が望む生き方を全うするために必要な「life 生命と人生」 日髙 未希恵

 恵泉クリニック
 ナースが考えたい「生活」とは この世を去る過程での生きた証 内田 玉實

 秋谷病院
 看護にとっての「生活」とは看護の対象となる人のあるべき姿 大関 篤子

 訪問看護リハビリステーション 縁
 看護と生活は切り離せられない 「生活」の中に看護がある 石原 志津子

 千住ことぶき訪問看護ステーション
 看護にとっての「生活」とは“優先すべき指標” 桶田 玲子

 いずみ訪問看護ステーション本木
 看護にとって「生活」とは毎日の積み重ね 清水 さかえ

 さいわい訪問看護ステーション
 看護が支える「生活」とは“自ら生きること” 三橋 由佳

 訪問看護ステーション リカバリー/デイサービスふぁみりぃ
 “おせっかいおばちゃん”ができるのが「生活の場の看護」 吉田 功代

 医療法人社団 悠翔会
 「生活」の中の看護が支える“その人”の尊厳 渡辺 美惠子

書籍紹介
雑誌紹介
セミナー