雑誌紹介

  • NEW
  • コミュニティケア 2017年6月号 立ち読みする お気に入り登録
  • 240号 (Vol.19, No.6)


    コミュニティケア 2017年6月号



    A4変 80ページ(判型/ページ数)   2017年6月発行 978-4-8180-2006-1

    雑誌紹介動画【youtubeへリンク】


    • 定価: 1,512 円(税込)

    • 冊数: 

    • カートに入れる
    • バックナンバー  年間購読受付中!

    特集1

    在宅における緩和ケア

    COPD・脳卒中・心不全・腎不全・認知症


    呼吸器疾患や脳卒中、認知症などの非がん疾患への緩和ケアの必要性が注目されています。緩和ケア方法はこれまでがんを中心に構築されてきたため、がん患者よりも亡くなるまでの平均期間が長く、予後予測の難しい非がん疾患患者にはどのような緩和ケアをすればよいのか悩むことが多いのではないでしょうか。

    本特集では、緩和ケアの歴史を振り返った上で、がん患者への緩和ケアとの違いを整理し、客観的評価法の活用や終末期に緩和すべき症状など非がん疾患の緩和ケアのポイントを提示します。また、「COPD」「脳卒中」「心不全」「腎不全」「認知症」の5つの疾患別に苦痛の特徴とその具体的な対応方法を、事例を用いて紹介します。
    非がん疾患患者は在宅療養の期間が長いからこそ、訪問看護師がかかわる機会も多くなります。それにより、利用者・家族との信頼関係を築きやすく、身体的・精神的な症状のわずかな変化にも気づくことができます。本特集を参考に、緩和ケアに取り組み、利用者のQOLの向上をめざしましょう。


    特集2

    在宅療養者の希望をかなえる

    外出のサポート


    継続した医療的ケアを必要とする在宅療養者が「もう1度旅行がしたい」「家族のイベントに出席したい」など、長距離の移動を伴う外出を希望したとき、訪問看護師にはどのような準備とサポートが求められるのでしょうか。

    本特集では、在宅療養者が外出の希望をかなえる意義とその際の看護職の役割を明らかにした上で、実際に外出や旅行の支援を経験した看護職に、具体的な内容や必要な準備、支援におけるポイントを紹介いただきます。さらに、旅行医学の見地から、海外も含めた旅行において必要な医療・ケアを受けるための準備と留意点について解説します。
    外出・旅行は人がその人らしく生きる上での大きな希望や喜びであるとともに、介護者や周囲との絆を深めるきっかけにもなります。重度の障害や病気のある人でも、適切な準備や支援があれば実現は可能です。本特集を参考に、ぜひそのサポートに取り組んでみてください。

目次

●第1特集 在宅における緩和ケア COPD・脳卒中・心不全・腎不全・認知症

〈総論〉
非がん疾患の緩和ケアとは 平原 佐斗司

〈解説1〉
COPD 安藤 正子

〈解説2〉
脳卒中 今田 由美子

〈解説3〉
心不全 髙圓 恵理

〈解説4〉
腎不全 箕輪 明美

〈解説5〉
認知症 林 絵美子


●第2特集 在宅療養者の希望をかなえる 外出のサポート

〈総論〉
外出支援における看護師の役割 村松 静子

〈報告1〉
酸素ボンベを持ってトワイライトエクスプレスの旅へ 赤池 芳恵

〈報告2〉
“外遊びのすゝめ” 在宅療養児や家族が楽しく外出するために 中本 さおり

〈報告3〉
旅行という非日常が生きる力を引き出す 桐木 智一

〈インタビュー〉
病気や障害のある人が安全・快適に旅行するために 篠塚 規


●COLUMN
ニュース手帳
株式会社グローバルヘルスコンサルティング・ジャパン メディ・ウォッチ編集部

地域ケアの今 鳥海 房枝
介護現場ではやりの言葉遣い

訪問看護師の強い味方 山元 恵子
東京訪問看護ステーション協議会


●特別寄稿
コンサルテーションによる効果を分析
管理者と訪問看護ステーションの変化から 萩原 正子


●SERIES

トシコとヒロミの往復書簡 井部 俊子
起業

ステーションの看護を見える化しよう! 谷口 由紀子
何を見える化するか

事例から考える 薬剤師との連携 勝野 純子・永井 則子・平田 桂子
尿失禁が増えたAさん。どんな薬物療法が効果的ですか?

終の棲家で生活を支える看護 松井 典子
働く場としての介護保険サービス(3)施設サービス

角田直枝の病院と地域を“看護”がつなぐ 角田 直枝
離職する部下との向き合い方

支えられて 〜訪問看護師がALS療養者になって 牛久保 結紀
義母に新たな病気発覚

訪問の 合間に一句 詠んでみる
訪問看護“泣き笑い”川柳 松脇 孝太郎

看護職のための文章講座 石黒 圭
【感謝】ありきたりの言葉を避け、ひと手間加えよう .

日本訪問看護財団からのお知らせ
「訪問看護人材養成基礎カリキュラム」を新たに作成 ほか

全国訪問看護事業協会からのお知らせ
訪問看護の人材確保、事業所の大規模化・多機能化への要望書を提出 ほか

書籍紹介
雑誌紹介
セミナー