書籍紹介

  • NEW
  • 亡くなった子どもと「共に在る」家族 立ち読みする お気に入り登録
  • シリーズ【看護の知】


    亡くなった子どもと「共に在る」家族


    蛭田明子 著


    A5 176ページ(判型/ページ数)   2017年8月発行 978-4-8180-2056-6


    • 定価: 2,592 円(税込)

    • 冊数: 

    • カートに入れる

    子どもを亡くした女性と家族を医療者はどのように支援できるのか

      
    死産や新生児死亡を経験した女性に対して、医療者は積極的にその体験について聞くことをためらいがちです。しかし女性の本当の想いを知らずして、必要な支援を提供することはできません。女性の語りを通して、センシティブな話題ゆえにこれまで浮き彫りにされてこなかった世界を知ることで、喪失を体験した女性にかかわる上で求められる有用な示唆を得ることができるでしょう。4人の女性の体験をフッサールの現象学を用いて解釈・考察した博士論文を、研究者だけでなく、臨床現場の方にも読んでいただけるよう、読み物として再構成しました。

目次

Ⅰ プロローグ――女性の語りに耳を傾ける

Ⅱ 4人の女性の語り

Ⅲ 家族の変容における女性たちの体験

Ⅳ 語りを読み解く

Ⅴ 看護者は女性たちをどのように支援できるのか

Appendix[付記]
・方法論および解釈における理論前提
・研究の具体的な方法

この書籍を購入した方はこちらも購入しています

    • ナースのための ナラエビ医療学入門

    • ナースのための ナラエビ医療学入門



      斎藤清二 著
      978-4-8180-1858-7
      2014年9月発行  定価 1,620 円(税込)


      在庫:有り
      「EBMやNBMは学問の世界のもの」と思いがちですが、患者の語りに耳を傾け、思いを重視することは看護の本質です。患者の語りを臨床に活かすためのヒント、満載です!

    • よくわかる看護研究論文のクリティーク

    • よくわかる看護研究論文のクリティーク



      山川みやえ・牧本清子 編著
      978-4-8180-1849-5
      2014年6月発行  定価 3,024 円(税込)


      在庫:有り
      研究手法ごとのクリティーク・ポイントをチェックシートにまとめ、例題論文で実際に批評。教育・臨床現場を問わず、研究論文を読むあらゆるシーンで役立つ実践書です。

<<戻る

書籍紹介
雑誌紹介
セミナー