雑誌紹介

  • NEW
  • コミュニティケア 2017年9月号 立ち読みする お気に入り登録
  • 244号 (Vol.19, No.10)


    コミュニティケア 2017年9月号



    A4変 80ページ(判型/ページ数)   2017年9月発行 978-4-8180-2010-8

    雑誌紹介動画【youtubeへリンク】


    • 定価: 1,512 円(税込)

    • 冊数: 

    • カートに入れる
    • バックナンバー  年間購読受付中!

    特集1

    精神科訪問看護

    身体疾患を併発した際のサポート


    精神疾患を持つ人の療養場所が病院から地域へと移りつつある中、精神科訪問看護を利用してきた在宅療養者が高齢化などにより身体疾患を併発し、精神・身体両方の医療的支援が必要になるケースが増えています。中には、精神疾患のために身体疾患による不調を見過ごし、かなり重篤な状態となってから初めて医療・看護・福祉サービスにアクセスするケースもあるようです。

    こういった状況において苦慮されることの1つに、精神・身体の両方に対応できる医療機関・事業所などの少なさが挙げられます。「多くの訪問看護ステーションで対応困難といわれて紹介されてきた」「精神科の主治医が身体疾患の治療に対応していない」「精神疾患があることを理由に、身体疾患の医師・医療機関に診療を断られた」といった声も聞かれます。

    そこで本特集では、このようなケースを紹介し、対応のポイントや適切な医療へつなぐための留意点、多職種・多機関が連携する中で訪問看護師が果たすべき役割を探ります。


    特集2

    利用者の活動性を高める

    デイサービス・グループホームでの取り組み


    高齢者はさまざまな能力を持っています。それを発揮し、周囲から認められ必要とされると、自信を持ち、活動性が高まって生活機能も維持・向上できます。

    本特集では、近年の制度改革やさまざまな施設の先駆的取り組みから、高齢者を一方的にサービスの受け手にしない支援のあり方を論じます。また、「1日に何をするかは本人が決める」「認知症の言動を防犯パトロールなどの地域貢献に生かす」「家事など身のまわりのことは本人が行う」といった利用者の活動性を高める取り組みを行う3つのデイサービス・グループホームがその実際と効果を紹介。さらに、日本の高齢者の社会参加活動の実態やその必要性についても提示します。

    利用者の食事や排泄などにおいて職員が過剰に介助していませんか? 利用者の活動性を高める環境づくりについて考えます。

目次

●第1特集 精神科訪問看護 身体疾患を併発した際のサポート

〈総論〉
精神・身体疾患を併せ持つ療養者への支援 田嶋 佐知子

〈報告1〉糖尿病
利用者の理解と納得の下に連携職種を拡大 奥本 愛美

〈報告2〉COPD
多職種での連携を進め利用者の受診を支援 冨川 順子・柱谷 久美子

〈報告3〉がん
地域での療養に欠かせない訪問看護師の存在 千葉 信子

〈関連論考1〉精神科医の視点
治療歴・生活歴を知る精神科主治医にまずは相談を 宮軒 將

〈関連論考2〉内科医の視点
実際に経験すれば不安感は解消 鈴木 央

●第2特集 利用者の活動性を高める デイサービス・グループホームでの取り組み

〈総論〉
高齢者を一方的に世話をされる側に押しやらない 鳥海 房枝

〈報告1〉
1日何をするか「当たり前だけれど」本人が決める 阿部 民子

〈報告2〉
認知症高齢者の底力をコミュニティに生かす 多湖 光宗

〈報告3〉
「何かしたい」思いを尊重し1人ひとりの力を最大限に生かす 當山 房子

〈関連論考〉
高齢者の社会参加活動とその可能性 陳 礼美


●SPECIAL FEATURE
介護施設等での看護職員の役割・体制(後編)日本看護協会による実態調査 岡戸 順一

●REPORT
重症の子どもたちも海へ一泊旅行! 訪問看護ステーション主催のキッズキャンプ 訪問看護ステーションはーと

●COLUMN
ニュース手帳
株式会社グローバルヘルスコンサルティング・ジャパン メディ・ウォッチ編集部

地域ケアの今 上野 まり
ご存知ですか? AYA世代

訪問看護師の強い味方 仲座 明美
沖縄県訪問看護ステーション連絡協議会

●SERIES
〈最終回〉 トシコとヒロミの往復書簡 川越 博美
看護の本質と与えられた課題

ステーションの看護を見える化しよう! 齋藤 凡・山本 則子
看護の見える化への事例研究の貢献

事例から考える 薬剤師との連携 西 圭史・永井 則子・平田 桂子
CVカテーテルの感染予防対策はどうしたらよいですか?

看護職のための文章講座 石黒 圭
【伝達】敬語を適切に使って、相手に不快なく情報を伝えよう

角田直枝の病院と地域を“看護”がつなぐ 角田 直枝
看護管理は楽しい

支えられて 〜訪問看護師がALS療養者になって 牛久保 結紀
人の愛情

訪問の 合間に一句 詠んでみる 訪問看護“泣き笑い”川柳 飯澤 ゑみ

終の棲家で生活を支える看護 松井 典子
終の棲家で働くとは(1)
「医療モデル」から「生活モデル」へ

日本訪問看護財団からのお知らせ
訪問看護師が行う予防的活動の実態 ほか

全国訪問看護事業協会からのお知らせ
都道府県訪問看護ステーション連絡協議会へのアンケート調査結果について ほか

書籍紹介
雑誌紹介
セミナー