雑誌紹介

  • NEW
  • コミュニティケア 2017年11月臨時増刊号 立ち読みする お気に入り登録
  • 247号 (Vol.19, No.13)


    コミュニティケア 2017年11月臨時増刊号



    A4変 156ページ(判型/ページ数)   2017年11月発行 978-4-8180-2013-9

    雑誌紹介動画【youtubeへリンク】


    • 定価: 1,728 円(税込)

    • 冊数: 

    • カートに入れる
    • バックナンバー  年間購読受付中!

    特集1

    「要配慮者」を見逃さない

    訪問看護師ができる「災害時の支援」


     
    地震や豪雨などの災害が発生したとき、訪問看護の利用者は「要配慮者」になる可能性が高く、支援を受けないと、最悪の場合「災害関連死」が起きてしまうこともありえます。それを防ぐためには“地域の医療者”である訪問看護師が避難所等で行政や災害ボランティア団体などと連携して要配慮者を支援していかなければなりません。

    訪問看護師の経験もある愛知医科大学介護学部准教授の佐々木裕子さんは、以前から災害ボランティア団体と連携し、“看護の目”で的確な支援をサポートしてきました。本臨時増刊号は、佐々木さんにアドバイスをいただき、「訪問看護師が災害時に支援できること」の情報を集めました。災害発生時の訪問看護師がとるべき行動はなにかを明らかにします。



目次

[プロローグ]
〈神戸協同病院〉
「災害関連死」を防ぐために看護職が知っておきたいこと 上田耕蔵



[総論]
〈日本赤十字看護大学大学院〉
災害時の要配慮者への対応と地域コミュニティの課題 小原真理子
[Column]「防災が日常にある暮らし」を地域全体に定着させたい 香川真実
[Column]個別性を加味しながら災害への対策ができる訪問看護 今野知穂



[報告Ⅰ]災害発生時・発生後の「訪問看護」による支援
〈こぶし訪問看護ステーション〉(新潟県長岡市)
中越地震における「要配慮者」への取り組み 吉井靖子

〈南三陸訪問看護ステーション〉(宮城県気仙沼市)
大震災のときに何をしたか看護師として伝え続けていきたい 千葉美由紀

〈訪問看護ステーションいしげ〉(茨城県常総市)
想定していなかった「水害」を経験して災害対策を見直す 真柄和代

〈訪問看護ステーションひまわり〉(鳥取県倉吉市)
看護師の冷静な判断・対応が地震発生後の「安心」を生み出す 清水美由紀

〈訪問看護ステーション清雅苑〉熊本県熊本市)
訪問看護の「仲間」とのつながりで災害時の混乱を乗り越えられた 木村浩美

〈たっくリハサポートセンター〉(熊本県熊本市)
震災に備えるために大切なことは日常的な「地域」への働きかけ 河添こず恵



[報告Ⅱ]NPO・NGOのネットワークとの連携で要配慮者を支える
〈全国災害ボランティア支援団体ネットワーク〉(JVOAD)
災害ボランティアの歴史・現状と「看護」に期待すること 栗田暢之

〈レスキューストックヤード〉(RSY)
避難生活を支える人材確保のために進めたい「看護」との連携 浦野愛

〈ADRAJapan〉(アドラ・ジャパン)
よりよい被災者支援を実現するには「看護職と多職種の連携」が不可欠 渡辺日出夫

〈減災と男女共同参画研修推進センター〉
性別による被災状況の違いを関係者と共に要配慮者にも伝える 池田恵子

〈AARJapan〉[難民を助ける会]
障がい者支援の観点から被災地における「連携」を考える 野際紗綾子



[解説Ⅰ]現場を支える研究者の取り組み
〈関西医科大学看護学部設置準備室〉
災害時に備える――「医療的ケア」を受ける子どもたちへのケア 加藤令子

〈京都橘大学看護学部看護学科〉
大学等の機関と協同して災害時に訪問看護の力を発揮する 河原宣子

〈北海道医療大学看護福祉学部〉
災害の備えとしての「自助」と「互助」の基盤づくり 工藤禎子

〈神戸常磐大学保健科学部看護学科〉
大規模災害の想定地域を対象にした訪問看護ステーションの「備え」の実態と課題 畑吉節未

[Column]発災時とその後における「認知症」の人へのケア 蓬田隆子



[解説Ⅱ]
〈愛知医科大学看護学部〉
避難所の環境改善活動と地域における新たな支援 佐々木裕子



[エピローグ]
〈一般社団法人だんだん会〉(山梨県北杜市)
災害のときだからこそ“一番身近で頼りになる”訪問看護師でいてほしい 宮崎和加子

書籍紹介
雑誌紹介
セミナー