雑誌紹介

  • NEW
  • コミュニティケア 2018年4月号 立ち読みする お気に入り登録
  • 252号 (Vol.20, No.4)


    コミュニティケア 2018年4月号



    A4変 80ページ(判型/ページ数)   2018年4月発行 978-4-8180-2074-0

    雑誌紹介動画【youtubeへリンク】


    • 定価: 1,512 円(税込)

    • 冊数: 

    • カートに入れる
    • バックナンバー  年間購読受付中!

    特集1

    納得のいく最期を実現する

    救急搬送をなくす体制づくり



    在宅や高齢者ケア施設での看取りが増えてきました。しかし、看取りの時期に高齢者の容態が急に悪化すると、家族が死への恐怖感から慌てて救急要請してしまう、介護職が看取りケアの知識や技術不足などの不安感から救急要請してしまうといったケースは少なくありません。

    本特集では、在宅における死のあり方を踏まえた上で、看取りの時期に本人の望まない救急搬送をしないための体制整備の3つのポイントと看護師の役割を提示します。また、訪問看護ステーション・特別養護老人ホーム・サービス付き高齢者向け住宅での本人の望む最期に向けた支援の実際を報告。さらに、高齢者が事前に終末期の医療・ケアについて意思表示する際の課題や、活用できるツールも紹介します。
    看護師の家族・介護職へのかかわり方によって、本人の望まない救急搬送を防ぐことができます。本人の納得のいく最期を実現するための体制づくりの参考にしてください。


    特集2

    訪問看護師による夜間・土日の定期訪問



    1人暮らしの高齢者が増える一方で、医療技術の進歩・在院日数の短縮により医療処置の必要な在宅療養者も増加の一途をたどっています。これらにより夜間・土日の定期訪問を望む声が高まっています。
    それに対応すべく、夜間・土日を営業日とする訪問看護ステーションが少しずつ誕生してきましたが、その数はわずかに過ぎません。今後、増大していくニーズにどのように応えていけばよいのでしょうか。

    本特集では、夜間・土日の定期訪問のニーズや訪問看護の実際を整理・分析し、今後の方策について考察するとともに、実際に訪問を行う3つのステーションの利用者の特徴やその効果、訪問看護体制などを報告します。
    訪問看護という限られた資源を適切に利用者に届けるために、めざすべき方向性を考えます。

目次

●特集 納得のいく最期を実現する 救急搬送をなくす体制づくり

〈総論〉
看取りの時期の救急搬送をなくす体制整備のポイント 工藤 うみ

〈報告1〉訪問看護ステーション
十分な意思確認と説明が終末期の望まない救急搬送を防ぐ 木所 律子

〈報告2〉特別養護老人ホーム
本人の望む場所での看取りをかなえる職員・家族への教育 小西 由香里

〈報告3〉サービス付き高齢者向け住宅
入居者・家族の精神面への支援により自然な看取りを実現 麓 玲子

〈関連論考〉
本人の意思表示における課題と活用できるツール 島田 千穂


●第2特集 訪問看護師による夜間・土日の定期訪問

〈総論〉
増大する夜間・土日の定期訪問へのニーズ 対応の方策と課題 滝口 美重

〈報告1〉
土日の定期訪問の主な利用者の特徴と訪問看護体制 岩本 大希

〈報告2〉
利用者の生活スタイル・ニーズに柔軟に対応 川瀬 智恵

〈報告3〉
利用者ニーズへの対応と看護師の多様な働き方の実現 布尾 智子


●COLUMN
ニュース手帳 株式会社グローバルヘルスコンサルティング・ジャパン メディ・ウォッチ編集部

地域ケアの今 鳥海 房枝
感染症との付き合い方

訪問看護師の強い味方 鈴木 正子
一般社団法人愛知県訪問看護ステーション協議会

編集部のオススメBOOKs 編集部
新年度スタートに向けて新任管理者にオススメの本

●SPECIAL FEATURE
ICTを利用した死亡診断等をサポートする看護師の養成研修 厚生労働省ガイドラインと研修会の概要 清崎 由美子

●特別寄稿
家族看護の視点を交えた事例検討会の進め方とそのポイント
山崎 あけみ・津村 明美・武用 百子・峰 博子・木村 千里

●SERIES
〈新連載〉 在宅での「食べる」を支える 高齢者への栄養ケア 米山 久美子
在宅高齢者への食・栄養支援

〈新連載〉 わたしのまちの地域包括ケアシステム 松田 晋哉
地域包括ケアシステムのあり方とは(1)

訪問看護ステーションの経営戦略 渡邉 尚之
1時間でできるエリアマーケティング(後編)

角田直枝の病院と地域を“看護”がつなぐ 角田 直枝
医療・介護ダブル改定、看護が連携の推進役に

支えられて 〜訪問看護師がALS療養者になって 牛久保 結紀
気持ちの整理

訪問の 合間に一句 詠んでみる 訪問看護“泣き笑い”川柳 田中 美樹

ステーションの看護を見える化しよう! 谷口 由紀子 ・駒井 和子
見える化を活用した管理者能力向上支援① 訪問看護ステーションさと水口

日本訪問看護財団からのお知らせ
平成30年度の日本訪問看護財団事業のご紹介 ほか

全国訪問看護事業協会からのお知らせ
SNSを利用した情報発信に注意 ほか

書籍紹介
雑誌紹介
セミナー