書籍紹介

  • NEW
  • 看護師でいられて本当に幸せ お気に入り登録
  • 「患者」になって再確認!


    看護師でいられて本当に幸せ


    中島美津子 著


    B6 160ページ(判型/ページ数)   2018年8月発行 978-4-8180-2127-3


    • 定価: 1,512 円(税込)

    • 冊数: 

    • カートに入れる

    看護師をめざす学生はもちろん、自らの「看護」に行き詰まっているベテランナースまで、「看護の本質」をあらためて感じることのできるエッセー


    月刊『看護』2014~15年の人気連載だったエッセー「患者半分・看護師はんぶん」を見直し、さらに新原稿20ページも加えて書籍化。筆者が初めての入院体験を振り返り、「看護師モードの入院患者」だから感じられた「病院看護の ? なところ」、そして「看護のおもしろさ」などがテンポよく語られます。 

目次

プロローグ 「アンドロイド中島」誕生への道
Episode 1 プロの看護師の“美しい仕事”
Episode 2 プロは何事も美しい仕事をする[ルート管理編]
Episode 3 プロは何事も美しい仕事をする[ゴミと居住空間編]
Episode 4 プロは何事も美しい仕事をする[体位変換編]
Episode 5 「様子をみましょう」の地獄
Episode 6 “痛み”のある患者の検査──教科書がすべてではない
Episode 7 「本質的なニードを満たす看護」を考える
Episode 8 嘘くさいドラマにも学ぶことはある──オペ前の家族との時間
Episode 9 オペ室に運ばれて……──プロの“チーム医療”に感動
Episode 10 患者から得られた「情報」を生かせるかどうかは看護師次第
Episode 11 気の利いた励ましの文言よりも、つながることで頑張れる!
Episode 12 アポトーシスと音楽療法
Episode 13 とりあえず、「患者役割」仮の卒業
Episode 14 弱気な患者でいいんだ!──「ありのまま」を受け入れる看護
Episode 15 すべての経験は「看護」に通ず!
エピローグ 看護師って、ホントに「世界最幸職種」!

著者紹介

書籍紹介
雑誌紹介
セミナー