書籍紹介

  • NEW
  • 高齢者看護の実践能力を育てる お気に入り登録

  • 高齢者看護の実践能力を育てる


    高齢者ケア施設の看護をベースにして
    坪井桂子 編


    B5 128ページ(判型/ページ数)   2018年10月発行 978-4-8180-2135-8


    • 定価: 1,944 円(税込)

    • 冊数: 

    • カートに入れる


    高齢者ケア施設は、入居者の“生活の場”であり、そこでは“生活”をベースに入居者の思いに沿った看護が展開されています。

    本書は、この高齢者ケア施設に新たに入職した新任期看護師を、施設の教育指導者がどのようにして育成していくかを、[意思決定支援][疼痛][せん妄][介護拒否][帰宅願望][低血糖][看取りケアプラン]などの13のシーンで解説しています。そして、その内容は病院でも在宅でも活用できる、まさに「高齢者看護のエッセンス」となっています。
    高齢者への看護は、まずどのような視点で取り組めばいいか、最も基本的なところを理解するための基本解説書です。

目次

〈刊行に当たって〉はじめに
〈総論〉「高齢者ケア施設の看護」をすべてのケアの場で活用する
〈解説〉5つのテーマから高齢者看護の実践能力を抽出する
 [テーマ1]倫理的に優れたケアをチームで実践するための取り組み
 [テーマ2]老年症候群による症状に応じた生活援助
 [テーマ3]認知症の生活機能障害に応じた日常生活援助
 [テーマ4]心身の変化を早期に捉えた援助
 [テーマ5]安楽で安寧な看取りに向けた援助
〈提言〉老年看護の本質は「高齢者ケア施設の看護」にある

書籍紹介
雑誌紹介
セミナー