雑誌紹介

  • コミュニティケア 2019年2月号 立ち読みする お気に入り登録
  • 264号 (Vol.21, No.2)


    コミュニティケア 2019年2月号



    A4変 80ページ(判型/ページ数)   2019年2月発行 978-4-8180-2142-6

    雑誌紹介動画【youtubeへリンク】


    • 定価: 1,540 円(税込)

    • 冊数: 

    • カートに入れる
    • バックナンバー  年間購読受付中!

    特集1

    高齢者のその症状 てんかんではありませんか?



    てんかんは小児の疾患というイメージがありますが、高齢者にも発症します。発症率は50代を境に少しずつ上昇し、70歳以降で非常に高くなっており、今後、高齢者の増加とともに、てんかん患者数は増えていくことが予想されます。

    高齢で発症するてんかんは、けいれんを伴わない目立たない発作が特徴的です。前兆症状は少なく、無反応や口をくちゃくちゃさせる、手で衣服をまさぐる、独り言を言うなどの発作後、意識がもうろうとする状態が数時間から数日間続きます。認知症やうつ病と症状が似ていることから誤診されている人、また、顕著な症状が出ていないためにてんかんだと気づかれていない人もいます。そのため、車の運転中や入浴中に発作を起こすことによる死亡事故も発生しており、問題視されています。

    本特集では、高齢で発症するてんかんの症状・治療を解説した上で、看護職によるアセスメントやケアのあり方について事例を踏まえて報告。併せて活用できる社会資源を紹介します。

    高齢で発症するてんかんの多くは、服薬で発作を抑制できるため、早期発見・早期治療が非常に重要です。皆さんが在宅や高齢者ケア施設で出会う高齢者の中にも見過ごされている人がいるかもしれません。早期発見・早期治療に向けて、看護職に期待が寄せられています。


    特集2

    訪問看護サミット2018・レポート


      
    2018年11月11日(日)、ベルサール新宿グランドホールにて、日本訪問看護財団主催の「訪問看護サミット2018」が「ともに支えあう地域づくりへのチャレンジ」をテーマに開催されました。

    本特集では、秋山正子氏(株式会社ケアーズ)と喜多悦子氏(公益財団法人笹川記念保健協力財団)による「特別講演」、榊原千秋氏(NPO法人いのちにやさしいまちづくりぽぽぽねっと)・西村幸氏(日本訪問看護財団在宅ケアセンターひなたぼっこ)・藤野泰平氏(株式会社デザインケア)が登壇した「シンポジウム」を載録します。

    さらに、日本訪問看護財団常務理事の佐藤美穂子氏に「訪問看護サミット2018」のねらいと成果、参加者の感想について総括いただきます。

目次

●第1特集 高齢者のその症状 てんかんではありませんか?

〈解説〉
高齢で発症するてんかんの症状・治療 久保田 有一

〈総論〉
高齢で発症するてんかんのアセスメントとケア 濱上 美穂

〈報告1〉
意識消失を繰り返す療養者の看護をとおして見えてきた課題 横井 真弓

〈報告2〉
綿密な観察から異変の兆候や出現パターンを分析 堀内 園子

〈資料〉
てんかんとともに生きる高齢者の悩みと活用できる社会資源 小川 舞美・藤川 真由・本庄谷 奈央・神 一敬・中里 信和

●第2特集 訪問看護サミット2018・レポート

〈載録〉特別講演
日々の看護実践から、新たな絆づくりへ 秋山 正子

〈載録〉特別講演
世界のプライマリ(ヘルス)ケアと日本の訪問/在宅看護 喜多 悦子

〈載録〉シンポジウム
ともに支えあう地域づくりへのチャレンジ 榊原 千秋・西村 幸・藤野 泰平・平原 優美

〈総括〉
訪問看護サミット2018を開催して 佐藤 美穂子

●特別寄稿
訪問看護における安全管理への取り組み 井上 栄子

●COLUMN
ニュース手帳
株式会社グローバルヘルスコンサルティング・ジャパン メディ・ウォッチ編集部

地域ケアの今 鳥海 房枝
「舌でつぶせる料理を出すレストラン」の出現に思う

訪問看護師の強い味方  今高 國夫
茨城県訪問看護ステーション協議会

編集部のオススメBOOKs  編集部
地域で病いとともに生きる人を支えるために

●SERIES
だから面白い訪問看護管理 柴田 三奈子
がん患者になって思ったこと

訪問看護ステーションの経営戦略 渡邉 尚之
決算書を読める管理者になろう(1)総論

終の棲家で生活を支える看護 松井 典子
終の棲家における家族対応(2)

角田直枝の病院と地域を“看護”がつなぐ 角田 直枝
ケアマネジャーとのデスカンファレンス

わたしのまちの地域包括ケアシステム 田中 明美
奈良県生駒市から 庁内連携で土台を固め住民とともに進めるまちづくり

訪問の 合間に一句 詠んでみる 訪問看護“泣き笑い”川柳 吉田 みゆき

在宅での「食べる」を支える 高齢者への栄養ケア 米山 久美子
がんによる味覚障害と口腔内乾燥に悩んでいたAさん

日本訪問看護財団からのお知らせ
訪問看護ステーションによる地域共生社会実現への取り組み ほか

全国訪問看護事業協会からのお知らせ
2019年度研究助成(一般)公募のお知らせ ほか

書籍紹介
雑誌紹介
セミナー