書籍紹介

  • 訪問看護“泣き笑い”川柳 お気に入り登録
  • C.C.Special


    訪問看護“泣き笑い”川柳


    在宅ケアを“楽しく”学ぶ
    『コミュニティケア』編集部 編


    B6 128ページ(判型/ページ数)   2019年6月発行 978-4-8180-2194-5


    • 定価: 1,430 円(税込)

    • 冊数: 

    • カートに入れる

    泣いて笑って1時間、見て読んで「在宅ケアの現場」がわかる!

        
    月刊『コミュニティケア』で好評連載中の「訪問看護“泣き笑い”川柳」。100回を超えた連載の中から58句を「訪問看護の醍醐味」「看取りに寄り添う」「本人・家族を支える」の3章に分けて書籍化。斎藤ひろこ氏の温かなイラストとリズムのある川柳で「在宅ケア」の1シーンが描き出され、ショートエッセーでそこにおける「訪問看護」の実際が理解できます。約1時間で読めるコンパクトさは、忙しい病院のナースや看護を学ぶ学生にオススメ。もちろん、現場の訪問看護師にも「あるある」満載で元気が出ます!

目次

第1章 訪問看護の醍醐味
第2章 看取りに寄り添う
第3章 本人・家族を支える

書籍紹介
雑誌紹介
セミナー