雑誌紹介

  • インターナショナル ナーシング レビュー お気に入り登録
  • 臨時増刊号 121号(Vol.28,No.3/2005年)


    インターナショナル ナーシング レビュー



    A4変型 152ページ(判型/ページ数)   2005年5月発行


    • 定価: 1,620 円(税込)

    • 絶版
    • バックナンバー

    特集1

    自然災害・事故・テロ時の看護

    阪神・淡路大震災、地下鉄サリン事件から10年間の日本の蓄積


     阪神・淡路大震災、地下鉄サリン事件から今年でちょうど10年となります。未曾有のこの自然災害とテロを経験して、日本の看護界・医療界はこの10年間で災害に対する備えや対応のための知識を蓄積してきました。
     本特集では、災害の基礎知識から、災害時の看護実践のあり方、災害に備えた組織づくり、など、震災・テロなどの大災害を経て再構築された日本の災害看護の最新情報を紹介します。



目次

巻頭特集 新潟県中越地震の証言:大地震の中、看護者はどのような活躍を見せたのか。
執筆:佐藤和美・長谷川博子・山崎明子・山崎利子

はじめに:災害看護の定義・概念
執筆:小原真理子

1章 座談会:急性期・中期・長期それぞれの災害看護:阪神・淡路大震災、福井水害、地下鉄サリン事件、それぞれの現場で活躍した方々が語る実際の看護。
司会:小原真理子 参加者:黒田裕子・酒井明子・村田英子

2章 災害・災害看護の基礎知識:歴史、情報、法律、種類別疾病構造、災害サイクルなど、看護者として知っておくべき災害・災害看護の基礎知識を紹介。
執筆:山本捷子・関谷直也・今泉正子・松下聖子・弘中陽子

3章 災害看護の実践:避難所における看護、災害時の地域看護、看護者が行う精神ケア、看護者へのサポート、核・生物・化学兵器への対処など、実際の災害現場で必要になる実践を紹介。
執筆:黒田裕子・井伊久美子・高岸壽美・板垣千佳子・越智文雄

4章 すべての病院に必要な災害に強い病院・看護部づくり:災害への備え、初動対策のポイント、対策本部のすべきこと、個々の病院職員・看護職がすべきことなど、さまざまな視点から災害に強い病院・看護部をつくるためのノウハウを紹介。
執筆:国立災害医療センター(菊池志津子他)・東京都立広尾病院(山崎達枝他)

5章 災害看護・医療に関する団体の活動:日本看護協会・日本災害看護学会・日本赤十字社・国際緊急援助隊(JDR)・アムダ(AMDA)・国境なき医師団日本(MSF日本)・災害人道医療支援会(HuMA)・日本災害医療支援機構(JVMAT)

6章 災害看護の教育:国内外の教育機関における、災害看護教育の今を紹介。
日本赤十字社・二葉看護学院・ユニフォームド サービシーズ大学・韓国赤十字看護大学

7章 書籍・研究論文・ガイドライン:災害看護に関心のある看護職が災害看護を理解しやすいよう、どのようこれらの資料を活用すればよいのかを詳しく解説。
執筆:酒井明子

書籍紹介
雑誌紹介
セミナー