書籍紹介

  • ヘルスプロモーション実践の変革 お気に入り登録

  • ヘルスプロモーション実践の変革


    新たな看護実践に挑む
    Transforming Health Promotion Practice:Concepts,Issues,and Applications
    Lynne E.Young,Virginia Hayes 編 高野順子・北山秋雄 監訳


    B5 508ページ(判型/ページ数)   2008年12月発行 978-4-8180-1375-9


    • 定価: 5,184 円(税込)

    • 絶版

    「アメリカン・ジャーナル・オブ・ナーシング誌」から二つの賞を受賞した世界的名著、待望の完訳。

    本書はまず、あらゆるレベルの学生のために、有益なテキストとなるようまとめられているところにその特長があります。はじめに歴史と理論的な考え方を展開し、現在のヘルスプロモーションへの理解について多くのことを紹介しています。概念とトピックスのほとんどは倫理と消費者優先主義、治療上の関係、コミュニケーション、セルフケア、唱道などであり、すべてヘルスプロモーションに関連して探究がなされています。それに続く部分では、ヘルスプロモーションを臨床や教育、研究分野などさまざまな領域で応用する方法が示されています。したがって本書は、学生はもとより教育者、研究者、その他あらゆる看護職にとって、きわめて得るところの多い刺激的な著作といえます。

目次

監訳者まえがき
カナダの編集者から日本の読者へ
序文
まえがき

第1部
 ヘルスプロモーション実践の変革
第1章 ヘルスプロモーション実践を変革すること
ホリスティックケアへ向けて動くこと   
第2章 ヘルスプロモーション   
     歴史的・哲学的・理論的観点
第2部
 ヘルスプロモーション実践を変革するための中心的概念
第3章 人間関係のコミュニケーションを超えて
    ヘルスプロモーション実践における関係性の意味
第4章 ヘルスプロモーションの相互作用
    慢性の状況を生きる患者の看護から得た知見
第5章 多様な声に耳を傾けること
    ヘルスケアの意思決定への住民参加
第6章 解放の政治力学とヘルスプロモーション活動
    社会活動家として健康に関わる専門家
第7章 ヘルスプロモーションの実践に必要なリーダーシップ
第8章 ヘルスケア政策に影響を及ぼしている看護専門職者
    国際的な展望
第3部
挑戦と論争:変革的ヘルスプロモーション実践のための知識の再精査と創造
第9章セルフケア
      誤った神話の再吟味
第10章 ヘルスプロモーション,モラル上の弊害,看護のモラル上のねらい
第11章 ヘルスのリスクの定義とそのマネジメント
     女性の生涯を通しての戦略についての手早い描写
第12章 メンタルヘルスプロモーション
第13章家族成員が重篤な状態にある家族と協働する看護サポート
実践を導く概念枠組み
第14章ヘルスプロモーションを統御すること
      臨床における会話
第15章ヒトゲノム計画
      看護実践との関わり
第16章質の高いケアとは?
      病院におけるヘルスプロモーションの展望
第4部
 ヘルスプロモーション研究
第17章病院におけるヘルスプロモーションの学習と実践のあり方
     看護学生の学びと語り
第18章瞑想に基づくストレス軽減
     看護教育における全人的な実践
第19章中年女性グループにおけるエンパワメントのプロセス
第20章子どもの在宅療養に関わる要求(demands)と看護レスパイトを利用する家族のヘルスプロモーション 
第21章参加型アクションリサーチを通したヘルスプロモーション
      ”STEPS”(安全性を高める環境に関する研究)からの学び
第22章非常に問題になっていること!
     先住民の地域社会における関節炎の自己管理プログラムの実施と評価
第23章 共同研究を通して看護のヘルスプロモーションを強化すること
第5部
 変革的ヘルスプロモーション実践への批判
第24章 実践を変革し,誤った二分法的考えに陥らず,理想にはまらないこと
用語解説
索引

書籍紹介
雑誌紹介
セミナー