書籍紹介

  • コード・グリーン(危険信号) お気に入り登録

  • コード・グリーン(危険信号)


    ──利益重視の病院と看護の崩壊劇
    ダナ・ベス・ワインバーグ 著 勝原裕美子 訳


    A5変 288ページ(判型/ページ数)   2004年5月発行 978-4-8180-1080-2


    • 定価: 3,456 円(税込)

    • 絶版

    マグネット・ホスピタルの1つで、世界的にも有名なベス・イスラエル・ディーコネス病院の看護の崩壊劇の過程を気鋭の社会学者が分析・評価したもので、米国の医療政策の失敗を暴いている。ミッチェル・ラプキン、ジョイス・クリフォードという著名な院長と看護部長を退職させ、ビジネス・コンサルタントに経営の実権を握らせたことで、あっという間に医療・看護の質が低下し、有能な誇り高い医師や看護師が辞めてしまった経緯が、克明に辿られる。米国の医療政策をモデルに進行しつつある日本の医療行政に警鐘を鳴らす意味でも有意義な書物と言える。利益重視の病院経営の危うさを描いた傑作。

目次

日本語版に寄せて
訳者まえがき
序文 スザンヌ・ゴードン
第1章 問題を抱えた病院
第2章 仕事モデル不在の看護実践
第3章 取り崩される看護
第4章 権力争いと患者ケアに対するその他の障害
第5章 医師と看護師との関係性
第6章 スタッフが足りない
第7章 ケアの質への影響
終章/補遺:ベス・イスラエル・ディーコネスにおける変革に関する調査

書籍紹介
雑誌紹介
セミナー