書籍紹介

  • 看護倫理を教える・学ぶ お気に入り登録

  • 看護倫理を教える・学ぶ


    倫理教育の視点と方法
    Essentials of Teaching and Learning in Nursing Ethics  Perspectives and Methods
    Anne J. Davis/Verena Tschudin/Louise de Raeve 編 小西恵美子 監訳 和泉成子・江藤裕之 翻訳


    B5 292ページ(判型/ページ数)   2008年11月発行 978-4-8180-1373-5


    • 定価: 3,240 円(税込)

    • 冊数: 

    • カートに入れる

    初めて看護倫理の教育・学習方法に焦点を絞った最新テキスト。
    日本の読者のために書き下ろした1章を加えて再編集した日本語版。
    教員、学生、教育関係者必読。授業、ゼミ、講習会での活用に最適。

    (1)看護倫理の教育方法と学習方法を著した最新テキスト。(2)倫理問題に直面したとき、どのように対処すべきか、その洞察力と解決能力を養うことをめざした。(3)看護倫理を教え・学ぶにさいして役立つ内容・方法・論点を提示。(4)看護倫理研究・教育の世界的権威であるアン・デーヴィスと、国際誌“Nursing Ethics”の編集長ベレナ・チューディンらの共同編集。(5)看護倫理をどのように教え・いかに学んでいくか、あなたに指針をあたえてくれる最新最適テキスト。教員、学生、教育関係者必読。授業、ゼミ、講習会などでご活用ください。

目次

Margretta Madden Stylesによる序文
Mo Im Kimによる序文
監訳者序文
  第1章 編者序文 
第1部 序論と背景
  第2章 臨床倫理における歴史,社会的倫理,宗教 
  第3章 看護における倫理:歴史的展望 
  第4章 社会的倫理,専門職,社会 
第2部 倫理の理論 
 原則の倫理             
  第6章 倫理原則に基づくアプローチ 
  第7章 倫理原則に基づくアプローチ:批判的分析 
  第8章 看護実践・管理への倫理原則の適用:看護教育への意義 
 徳の倫理               
  第9章 徳の倫理 
  第10章 徳の倫理への批判 
  第11章 徳の倫理教育 
 ケアの倫理         
  第12章 医療倫理におけるケアの視点 
  第13章 過去のケアリング:一対一の倫理の限界 
  第14章 文献に見られるケアリングとケアの倫理:明らかになっていることと問いかけが必要なこと
第3部倫理を教える
  第15章 看護倫理の教育概説 
  第16章 看護倫理の教育:倫理的能力の促進 
  第17章 世界のさまざまな倫理的問題と看護 
  第18章 日本における看護倫理の教育 
第4部 看護倫理の将来
  第19章 国際的展望 
  第20章看護倫理教育の将来 
用語解説
邦訳文献一覧
索   引

書籍紹介
雑誌紹介
セミナー