書籍紹介

  • 看護倫理のための意思決定10のステップ お気に入り登録

  • 看護倫理のための意思決定10のステップ
    BIOETHICAL DECISION MAKING FOR NURSE


    著者 ジョイス E.トンプソン ヘンリー O.トンプソン  日本語版監修 監訳者 ケイコ イマイ キシ/竹内博明  監訳者 山本千紗子  翻訳者 香川大学医学部看護学科


    B5 304ページ(判型/ページ数)   2004年2月発行 978-4-8180-1047-5


    • 定価: 3,240 円(税込)

    • 冊数: 

    • カートに入れる

    看護・医療・管理の現場で求められる意思決定の瞬間。診断・治療方法の著しい進歩と社会変化に伴い複雑さを増す看護のジレンマ。「10ステップモデル」を習得することで読者は問題解決への技術を獲得することができる。基礎編では哲学・倫理理論・道徳的発達理論・生命倫理など、看護倫理に必要な基礎知識を詳細に解説。初学者から専門家まですべての看護職にお読みいただきたい名著、待望の刊行!! 

目次

第1部 生命倫理の理論的基礎
第1章 倫理・道徳・生命倫理・専門家
第2章 倫理体系──善と悪
第3章 道徳的発展
第4章 私たちは道徳的な生きものである

第2部 生命倫理の意思決定モデル
第5章 意思決定モデル 99
第6章 ステップ1:状況を再検討する
第7章 ステップ2:補足的情報を収集する
第8章 ステップ3:倫理的問題を識別する
第9章 ステップ4:個人的価値観と専門的価値観を明確にする
第10章 ステップ5:キーパーソンの価値観を識別する
第11章 ステップ6:価値の対立があれば明確にする
第12章 ステップ7:誰が意思決定すべきかを決める
第13章 ステップ8:行動範囲と予想される結果を関連づける
第14章 ステップ9:行動方針を決定し実行する
第15章 ステップ10:結果を評価する

付録 23例のケーススタディ、解説付き目録文献、用語解説ほか

書籍紹介
雑誌紹介
セミナー