書籍紹介

  • マネジメントの魅力2 お気に入り登録
  • ナーシング・トゥデイコレクション21 
    医療界の権威構造の解消は、患者がしあわせになるかどうかのバロメーターである・・・・・・


    マネジメントの魅力2


    Attractiveness in Nursing Management
    井部俊子 著


    A5変 232ページ(判型/ページ数)   2004年2月発行 978-4-8180-1054-3


    • 定価: 1,944 円(税込)

    • 品切れ

    「ナーシング・トゥデイ」誌連載の「井部俊子のマネジメント日誌」単行本化第二弾。聖路加国際病院副院長・看護部長に就任し組織構築に邁進した時期に書かれた前著『マネジメントの魅力』の待望の続編。本書は看護管理の実践家として円熟し、そして自らのポリシーに基づきその職を辞するまでの日々を「日誌」としてまとめたもの。患者にとって本当にしあわせな医療へ向けて看護管理の実践家がどのように組織変革に取り組むべきか、数々の示唆を提示する。

目次

・一九九九年四月の始まり・議事進行・ボランティアの受け入れ・マネジメント・コントロール・「注意事項」の話・「良い病院」を考える・ためらいの一瞬・くりかえされる反省・すてきな忘年会・病院の西暦二〇〇〇年・タフな一日・「雨あがる」を観る・「患者も医療チームの一員である」こと・ケアプランと契約・夜勤婦長報告・重い課題・リクルート活動・霧の中の前進・方針の変更・語ることのできるナースに・医療審議会の議論・サマープログラム計画・コアサービスとサブサービス・割られたガラス扉・今年のお花見・役割の公認・ひとつの清算・貴重な報告書・ドラマ作り・契約と信任・「患者のため」という呪縛・患者ケアへの家族の参加・ナースであるということ・主観的な体験としての医療の質・心の知能指数(EQ)・プリセプターになるための準備・新人ナースの技術訓練・管理者としての水曜日・看護職の沈黙・管理者のアカウンタビリティ・看護学生たちの夏・静脈注射の歴史・リソースナースのビジネスプラン・「医師の指示」と看護業務の古くて新しい関係・看護学と科学的革命・わざとことば・紛争とケアリング・静脈注射研修プログラムを始める・新たな看護のゆくえ・転任




書籍紹介
雑誌紹介
セミナー