書籍紹介

  • 看護の歴史 お気に入り登録
  • 「看護」を考える選集15
    大森文子が見聞した


    看護の歴史


    大森文子 著


    B5 480ページ(判型/ページ数)   2003年1月発行 978-4-8180-0970-7


    • 定価: 4,968 円(税込)

    • 冊数: 

    • カートに入れる

    渾身の力を尽くして書き続けた筆者最後の著作!

     昭和の看護史の全てを知りかつ変えた著者が、未来へ向けて、読み出したら止まらない面白さで、日本看護界の歴史のエピソードを縦横無尽に語る待望の書!著名登場人物197名、索引項目626項!
     日本看護協会機関誌「看護」で大好評を博した連載がここに1冊にまとまる!

目次


・慶應義塾大学医学部附属看護婦養成所に入学する
・日本の看護黎明期から活躍した看護職
・阪神大震災と戦前の大震災の救護活動
・結核予防協会立の村松晴嵐荘から国立療養所に
・従軍看護婦として過酷なニューギニアの戦場に赴く
・GHQ公衆衛生福祉局看護課の看護改革
・准看護婦制度の発足と国会審議
・東大衛看の専任教員に赴任する
・患者中心の看護を目指したチーム・ナーシング
・看護協会の看護制度検討会と准看護婦問題
・北里大学病院看護部長を引き受ける
・患者中心の看護体制の確立と北里大学看護学部の発足
・看護系大学の教員確保と学校経営について
 ほ か

書籍紹介
雑誌紹介
セミナー