書籍紹介

  • 看護のなかの死 お気に入り登録
  • 〈新装版〉


    看護のなかの死


    ※第38回フローレンス・ナイチンゲール記章 受章
    寺本松野 著


    四六 364ページ(判型/ページ数)   2001年10月発行 978-4-8180-0872-4


    • 定価: 2,160 円(税込)

    • 冊数: 

    • カートに入れる

    患者さんと出会い、看護行為がなされるまでの深い思索、遺される家族へのいたわりが、たくさんの事例からあふれ、読む者を静かに導く書。
    著者の2001年、第38回フローレンス・ナイチンゲール記章受章を機に、ターミナル・ケアのバイブルとして読み継がれている本書を、美しいカバーに包んで新装版として出版。

目次

死との出会い/父の暖かみ/人間の予測/恐怖のなかで/戸籍分離/運命/餞別/菊にゆく/千羽鶴/時を待つ/肉親の愛/母の哀しみ/解放/あなたの名をください/病人に学ぶ/シスター沢田/償い/遺言状/一杯のお茶/もうすぐね/もうがんばらなくてもいいのよ!/植木の水/母のために生きる/二本の舞扇/ひなまつりの便り/もう逃げることはできない/合掌/思い出のなかの旅立ち/静かに立つ/少女テリーの死/春よ輝け/いと鮮烈に/共に生きた日々

書籍紹介
雑誌紹介
セミナー