雑誌紹介

  • 家族看護 12 お気に入り登録

  • 家族看護 12


    野嶋佐由美・渡辺裕子 編集


    A4変 164ページ(判型/ページ数)   2008年8月発行 978-4-8180-1352-0
    ※休刊のお知らせ


    • 定価: 2,700 円(税込)

    • 冊数: 

    • カートに入れる
    • バックナンバー

    特集1

    特集:がん患者の家族ケア


     国民の多くが罹患するがんという病においては、患者のみならず、家族も「第二の患者」と言われるなど、多くの支援を必要とする存在です。家族の支えが患者の療養に多大な影響を及ぼすこともあり、患者のみならず、家族員も含んだ家族全体を支援する必要性は論を待たないと言えます。
     今回の特集では、がん患者の家族支援に関するさまざまな取り組みを紹介し、より具体的で実践的なヒントを紹介します。「Overview」では、がん患者の家族に対する看護ケアのあり方を総論的に論じます。「Point of View」では、手術療法/放射線療法/化学療法/緩和ケア/在宅療養などの「治療別」、小児期/思春期・青年期/壮年期/老年期という「家族周期別」、そして情緒的支援/教育的アプローチ/意思決定への援助/相互理解を促すコミュニケーション/セクシュアリティ/サポート・グループといった「アプローチ別」に、がん患者の家族ケアの特徴や関わりのポイントを述べます。
     執筆者はいずれも、専門看護師あるいは教育研究者として、その領域に精通した方々ばかりです。必ずや、日々の実践を意味づけ、一歩前に進んでいただけるヒントを見つけていただけるものと確信しています。



目次

《Overview》
●がん患者の家族に起きている現象と家族ケアのあり方
●がん患者の家族支援に関するナースのジレンマ
●チーム医療でがん患者と家族を支える看護師の役割
●患者・家族を支える外来看護のあり方

《Point of View1:治療別》
●「手術療法」におけるがん患者の家族ケア
●「放射線療法」における家族支援のあり方
●「化学療法」を受ける患者の家族を支える看護師の関わり
●「緩和ケア」における家族ケア
●「在宅療養」するがん患者と家族へのケア


《Point of View1:家族周期別》
●小児がんの患者をもつ家族へのケア
●思春期・青年期のがん患者の家族への看護
●壮年期のがん患者をもつ家族へのケア
●老年期のがん患者をもつ家族へのケア

《Point of View2:アプローチ論》
●がん患者の家族への情緒的支援
●がん患者の家族に対する教育的アプローチ
●がん患者の家族の意思決定を促す援助――緩和ケアへのギアチェンジに焦点をあてて
●がん患者の家族の相互理解(コミュニケーション)を促す援助
●がん患者・家族のセクシュアリティへの支援――支援のヒントと活用できるリソース(サブ)
●サポート・グループにおけるがん患者・家族への支援
Family & Society
●がん対策基本法が患者および家族に与える影響

Practice―実践報告―
●「日本心理教育・家族教室ネットワーク」の活動と日本の心理教育について

Education―教育に関する実践報告―
●「家族看護」専門看護師教育課程申請に向けて――愛知県立看護大学における取り組み

Research―研究―
●「家族の症状マネジメント」を支援する看護

Self-help Group&Volunteer
●全国障害者とともに歩む兄弟姉妹の会――障害のある人の”きょうだい”と家族への支援

家族看護をめぐる手帖
●教育の充実と「ケアの人権」

書籍紹介
雑誌紹介
セミナー