書籍紹介

  • 成人看護学 第1巻 お気に入り登録
  • 看護技術学習支援ビデオシリーズ


    成人看護学 第1巻


    成人患者の術後合併症予防看護技術


    VHS 0ページ(判型/ページ数)   1999年12月発行 978-4-8180-0730-7


    • 定価: 7,560 円(税込)

    • 絶版

     術後合併症は術式による侵襲の大きさと、個々の患者が持つ要因を重ね合わせることで、その危険性が予測できます。合併症を早期に発見するためには、必要な観察項目の理解とドレーン・カテーテル等の管理も含めた観察技術を身につけることが不可欠であり、また患者が順調な回復過程をたどるためには回復促進のケアの実践が重要となります。
     この巻では、以下の点を学習目標にしています。
    ○ 術後合併症を早期に発見するための観察技術を身につける。
    ○ 合併症を予防し、回復を促進するよう援助することができる。
    ○ ドレーンやカテーテルを装着している術後患者の援助ができる。
     術後合併症予防看護技術では、何よりも患者の意欲や闘病姿勢を引き出す関わりが重要となります。看護職者の患者への言葉かけ、細やかな配慮、患者の努力をねぎらう姿勢にも注目してみましょう。

目次

書籍紹介
雑誌紹介
セミナー